外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

戸建ての空き家はやっぱり増えてたのね

菊黄色

先日、読売新聞の記事で見た「空き家」についての記事

内閣府の「住生活に関する世論調査」というので半数以上が自宅周辺に空き家があると回答した

というのが目にとまりました。
なぜなら、近所を歩きつつ猫たちの写真を撮っている私なのですが、「あれ?ここも空き家なんだ~」と思う戸建て住宅が思いの外多い、と丁度思っていたところなのです。勿論それらは転売待ちなのでしょうけれど、その軒数の多さに驚きます。管理している会社等が定期的にチェックはしているのでしょうけれど、お隣に住む方も少し怖いのではないかと思います。近隣の防犯の上でも気になる「空き家」これからもっと増えていくのでしょうかね~?

住んでいるように見せる工夫

この近辺の空き家は、人が住んでいなくてもカーテンをそのままつけていたり、時間になると電気が付く様にしてあったり、雨戸を閉めていたり、表札はそのまま出していたり・・と家の外周も定期的に清掃をしたりしているところもあります。ただ頻繁に通過していると徐々に朽ちていく建物とお庭を見ているとやはり住んでいない事は分かります。(人が住まないと住宅は朽ちてゆきますもんね)私の場合は猫を探してよそ様のお宅のお庭などを見ているので(^^;)お庭の荒れ方を見ると誰も住んでいない事がすぐに分かります。空き家の近くには猫が居たりするのでつい覗いてしまうのです(苦笑)

企業利用は難しいのか?

上手く利用する手立てがあれば良いのに、とても勿体無いですよね。中途半端に土地が広かったりするとそりゃーお高いんでしょうけれど、個人ではなく企業が購入して何か活用する事ができるといいのに。近隣も企業利用だと安心ですし。事務所としてビルではなく戸建てを利用してもいいような気が・・(何も知らないので勝手に書いておりますw)

壊れたビルと新築

空き家ではないのですが、ビルの外壁が割れて鉄骨がむき出しになっている建物が近くにあるのですが、何と!そちら・・人が今でも住んでいるのです。(驚!)台風や地震・・怖くないんでしょうかね?良く見ると個人宅みたいなんですが・・外壁の壊れている3階部分は使用せずに2階(1階はガレージと思われる)で暮らしている様子。ここにはさすがに猫はいませんが、猫の居る場所から出た路地の正面なので見たくて見てるワケではなく~見えちゃうんです(^^;)
そんな建物でも人は住めるんですねー。その建物のはす向かいに最近新築の家が建ちましたが恐くないんでしょうか?地震があったら確実に何か飛んできそうな位置なんですけど(苦笑)っと新築物件もなくはないです。こことは違う場所の5棟並んだ宅地のうち3軒が空き家になっていた場所があるのですが、一軒取り壊して現在新築中です。
でも、空き家が10軒近くある場所で新築された家は2軒という事になります。その2軒は空き家の数には入れてないので実際は空き家は12軒あったわけです。今気が付きました!空き家ではなく家は取り壊して更地にしてある場所もたくさんあるのです!今軽く思い出しても4か所くらい。さっきまで6分の1だったのにこれで8分の1・・なにが?空いてる場所と新しく利用される場所の比率。そして年々分母が大きくなる感じが・・。

建物がまだ新しい物件でさえもなかなか次の住人はやってきません。当然、大きな買い物ですし、近所の環境なども見極めたりと決まるまでに数年掛かるものなのでしょうけれど。その間どんどん・・建物の状態が悪くなってゆきそうです。更地の方が買い易いのかもしれませんね。買い手がつく間しばらくは駐車場としても活用できますし・・。

中古全面リフォーム物件も苦戦!?

そうそう、近くに中古の戸建を売りに出している場所があるのですが、もちろん全面リフォームされている物件。場所はかなりの高級エリア。しかし・・販売を開始してからもう半年以上経ちますが、あいにく買い手はついていないようです。実はその物件の向かいの家も空き家。斜め前の家も空き家になっています。それも買い手が付かない理由だったりするのかも?

購入方法によるのかもしれませんが、固定資産税も掛かりますから維持してゆくのも大変です。住んでいた方が高齢になり手放した家が多いのではないかなぁ~と思ったりもします。こんなに空き家が多くなるとなんだか不安になってきます。人口が減っている~、大丈夫か?日本。

と、色々言っているヒトは賃貸に住んでいます(苦笑)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ