外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

久しぶりのデン君 三角関係? もう恋の季節なのね・・

den watching me

デン。(手前の茶色のしっぽはアン)彼は以前、茶トラのシニア(風)にゃんこのコルレ君と激しいバトルをしていた男のコ。前に会った時は少し幼さがあったのか?今回見た瞬間に・・ん?このコはどなた?っと思う程に別猫さんに見えてしまいました。随分と貫禄が出たようです。このコの首・・消失ぎみです(笑)お腹もぽよんとしています。前はスリムだった印象があったのですがねぇ。お顔の柄で確認したので間違いなくデン君でした。やはり、前に会った時はまだ成長途中だったのかな。それにしても、あんよ短めのぽっちゃりにゃんこになっちゃったー(^m^)

この日はデン君がしつこく茶トラのアン(♀)を追いかけていました。荒っぽい事はしていませんでしたが、フードを目の前に置いても興味を示さずにアンの後ろをついてまわって(;´∀`)これって・・。

そして、少し離れた場所からその様子をじっと見ているプリン。プリンはいつの間にか母猫や兄弟たちと離れてアンの近くで過ごしているようです。ご近所様に昨年の夏に聞いた話によるとアンちゃんは猫ボラさんに捕獲されたのに避妊手術をしなかったらしい(理由は不明、その時に子育て中だったからか?)そして、プリン君は猫ボラさんにはまだ捕獲されていないらしく、この段階では去勢されていません。プリンとデンにマークされているらしいアンちゃん。また出産しそうだなぁ~(;´Д`)


目がキラーン

アンだけを見るデンお座り
デン。視線の先にはアンがいます。

ずんずんと歩み寄る

アンの近くへ行くデン
積極的にアンに接近しております。

様子を伺うもうひとりのメンズ

デンを見ているプリン君
プリン。デンの様子をそっと見ているプリン。プリンは元々穏やかな性格のようで、仔猫時代は見知らぬオス猫さんとも(それも複数のw)添い寝していたくらいのコなので、ケンカはしない(たぶん逃走するw)と思うのですが・・、デンは過去に激しい取っ組み合いをしていたのを見た事があるのでねー。ちょっと心配(;´Д`)

完全に狙っている

狙うデン左にアンの顔
アンを見ながら・・これは完全にロックオンしています(;´∀`)。気を逸らそうとフードを目の前に置いたりしても、全くフードに釣られません。デンの代わりにアンが全部食べてました(笑)

こっちに来にゃいでー

鳴くアン
アン。いつも鳴いているコなので・・どういう気持ちで鳴いているのかは分かりませんけれど(;・∀・)

食い入る様に見ている

デンは食い入るように見てます
食べちゃダメですよー( ̄▽ ̄)(右上の角にご注目w)

視線を外して

少し視線を外してデン
(嫌われてはいけにゃいのだ・・)と一度視線を外してみたり。(右上角・・プリンが出てきていますw)

再びアンを見る

また見ているデン
憑りつかれているよーに見ております(苦笑)(右上角・・プリンこの時鳴いていました)

うるさいニャー!

プリンを振り返って見るデン
と振り返ってプリンを睨んでいるのか?デンの声は聞こえなかったのですが、顔の大きさと眼光の鋭さで威圧しているようです。(プリンは逃げるのか?・・逃げませんでした)

アイツ邪魔にゃ・・

プリンが邪魔だと思っているデン
人間よりも(さっきから近くにいる撮るヒト)猫に邪魔をされる方が気になるようです。(プリンは後ろでずっと鳴いておりました。デンに対してなのか?アンになのか?)

きょうはこれくらいにしとくニャ

迷惑そうなデン
迷惑だと言わんばかりの目でこちらを見ました。そしてさっき貰ったはずのフードを探しに(アンが全部食べちゃってましたけれどw)。でも、しばらく見ていましたが居なくなる事は無く、近くをうろうろしていましたので少しインターバルを置いて再度接近するのでしょう。それにしても・・お腹ぽよ~んなコです(笑)


デンは体型を見る限りでは食事は十分にゲットできているように見えます。お腹が少したる~んとしているのはこのコの血のせいなのかもしれません。耳を見ると洋猫系も入っているように感じます。この柄なのに目の色がグリーンですし、口元の形(マズル)が少し洋猫風・・とにかく色々な血が入っていそう。しかし、足が短い!(笑)しっぽは長くないけれど随分と太いしっぽでございます。首周りは病気じゃ~ないよね?ただの冬バージョンのお肉と毛のせいだよね?(苦笑)

久しぶりに会ったデンは色々と興味をそそる変貌を遂げておりました。去勢されていないので、アンを追い回してしまうのは仕方がありませんし、止めようもありません。けれどまたアンが出産してしまうのは少し心配な気もしています・・。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ