外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

iPhoneのバッテリー交換で快適動作に戻った

flower of eggplant

長く使っているiPhone6が数か月前から異常な状態になってきました。最初は着ていたジャケットのポケットが妙に熱いと思ったらそこにはiPhone。やけどをするほどではありませんでしたが、ニュースなどでも異常に高温になったり爆発したりする話を見ていたので怯えながらも画面を見ると・・え?真っ暗!全然動作しなくなっていました。再起動も反応なし。ん?え?壊れちゃった?っと電池があんなに高温になってたから強制終了状態になったのかもしれないと思い家に帰るまでどうする事もできず鞄に入れて持ち帰りました。とうとう電池の限界が来たのかもなーと、3年以上使っているわけですから・・。
そして、帰宅後なんとか再起動に成功(通常の再起動で戻りました。恐らく本体が冷えたからでしょうか?)そして、設定からバッテリーの状態を確認。あんら・・パフォーマンスが著しく低下って・・。バッテリーの交換が必要だって。それでも、時間が取れずにすぐに交換に出向けず(発送でのバッテリー交換も可能ですが、初期化して送らないといけないと知り、持ち込みでの電池交換を考えていました。持ち込みでも初期化が必要になるケースもあるらしいですが、その時は仕方がないと諦めて受け入れようと。当然パックアップはしてありますから)それに、持ち込みですとその場で(10分程度)電池を入れ替えて貰えるのですぐ手元に戻ります。新しいモデルに機種変する事も考えましたが、時期的にそろそろ新しいモデルがでますしねー。変え時のタイミングがよく分からずにとりあえずあと半年くらい持てば良いかと思い、それに今年の12月まではiPhoneのバッテリー交換がお安く出来ると知っていましたから今回は電池を交換する事としたのでした。

ちなみに・・修理に持ち込むまでこんな症状の流れでしたよ

バッテリーが無くなった時の状態

■ ポケットの中で高温になり強制終了状態で真っ暗
■ 外で通話やメール、ラインをした後に電池が激減するようになる
■ 電池の減りが急加速
(寝る前に60%あるのを確認してアプリなどは全て閉じていても朝確認すると2%とかになってる)
■ 一日に何度も充電をしなければならなくなる

使用時に他に不具合はなかったのですが、動画などを見ると短いものなのに数本でバッテリーが激減りする状態になってとうとうギブ!そしてついに電池交換の予約をする事に。東京ですとアップルストアだけではなくたくさんの対応場所(正規プロバイダ)があって・・便利でございます。その流れもついでに・・

予約から修理まで

■[設定]→[バッテリー]→[バッテリーの状態(ベータ)]でピークパフォーマンス性能の欄に状態が書かれています。
■著しく劣化していると書かれており、その下にアップルのリンクがあるのでそこをおしてアップルのサイトへ移動(問題がなければリンクは表示されない)
■アップルIDとパスワードを入力すると持ち込み修理か発送修理を選ぶ(筆者は持ち込み希望でしたので持ち込みを押し、大まかな住所を入力するとその最寄りの正規プロバイダー店やアップルストアが表示されます)
■予約可能日と時間が書かれおり店舗を選ぶと更に空いている予約時間が出て来るので都合の良い時間をポチっと押すと予約完了。
■折り返し予約の詳細のメールが届く。
■予約日時に店舗へ行くとその場ですぐバッテリー交換をしてくれました。

料金は2018年の12月31日までは3200円(+消費税)にて交換可能(AppleCare+に加入していれば無料らしいです)って事は、来年からは8800円(+消費税)に戻るという事でしょうからあと数か月で安く交換できる期間も終わってしまうようです。バッテリーには寿命があるのは分かっていますが(通常は2年くらいと言われていますが、当方はヘビーユーザではないからか?3年以上も使っていました)こんなにパフォーマンスが復活すると機種変するのはいつになることやら(苦笑)

eggplant

そして、今新しいバッテリーになって、充電をする回数も減り、電池残量も以前程気にする必要がなくなりました。それだけでもストレスが減った感じがしています。現在のバッテリーの状態を確認してみたら、”標準のピークパフォーマンスである”と表示されております(^^)

お読み頂きありがとうございました!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ