外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

キー坊とオンブレ ケンカはやめて~ たぶん父と息子だし

keybou and ombre 1st pic

キー坊(奥)とオンブレ。この日最初に撮った一枚。とても近い距離に居たので撮るヒトは呑気に・・あら、キー坊には家族以外に友達がいたんだぁー。っと思いながらこの写真を撮ったのですが、全然違いました(;´∀`)キー坊が果敢に攻めていた最中でした。オルラァ~ウルラァ~と大きな声を出して挑発していたキー坊。そして、オンブレは迷惑そうに低い唸り声で(やめとき・・)って感じで。大体、オンブレは道路の向こう側がテリトリーなのに、あの道路を渡って来た事に驚く!(4車線道路で交通量がかなり多い道路)でも、オンブレがここに居た事で最近こちら側に仔猫が増えた理由が分かった気がしました。オンブレは少なくとも3歳以上で去勢手術をまだされていないオス猫君なのです。って、事は・・キー坊の父さんなのでは?それでオンブレはあまりケンカに乗り気ではないのか?最後までしつこく追っていたのはキー坊でした。キー坊、その猫さんはあなたお父上だと思うょ(;^ω^)妄想コメントといつもより多めの写真、お時間ありましたら・・お付き合いくださいませ(笑)


戦おうにゃー

ウルラー キー坊視線はずすオンブレ
キー坊がウルラーウルラーとわめいております。(オ:おみゃーとはやりたくないにゃ)

一体どこから来たのにゃー

上を見るオンブレ
キー坊は父とは分かる訳もなく・・(オ:ちょっ、上に避難した方が良さそうだにゃ)

こっち見ろにゃー

見つめるキー坊とそっぽ向くオンブレ
ググっと睨みつけるキー坊。まだ1歳になったばかり(;´∀`)(オ:ここは見たらあかん・・猫のセオリーでは目を合わせたら始まってしまうニャ・・俺の血を分けた子供とは戦えないにゃ)

あそこに行くにゃ

こっちから上に行くにゃ オンブレ
バイクの下を潜って塀の上を見るオンブレ

ねっ!

同意を求める目 オンブレ
同意を求めるオンブレ(・∀・)うん!うん! キー坊の気を逸らせようと試みたのですが上手くいかなかった撮るヒト(;´Д`)

慎重にジャンプするにゃ

塀の上を見つめる オンブレ
着地地点をジッと見て・・結果的に軽々とジャンプに成功!

あにゃ~スゴイにゃ

塀に上がったオンブレを見る キー坊
惚れ惚れ~みたいなお顔で見上げていたキー坊。

ケンカは無益にゃ

ケンカはよくないにゃ 歩くオンブレ
怪我したりしてお互い痛いだけにゃ。大体ケンカする目的は何なのにゃ?あっ、テリトリーか・・・。すぐに戻るにゃよ。

息子とは戦わない主義にゃ

上からキー坊を見る オンブレ
おまえはボクの息子にゃのだよ。

ほえ~(かなりかわいい)

かわいいのでアップ キー坊
父ちゃんにゃの?的なww

ケンカなんか誰ともしてはいけないにゃ

じぃーー オンブレ
諭す父( ̄ー ̄)

いつまで見てるのにゃ!

振り返る オンブレ
こいつをどこかへ連れて行くとかできにゃいのか?ごめん・・そこまでの力は持っておりませんの(;´∀`)

ふぅ~上がれたにゃ

背後から接近 キー坊
後ろ取ったにゃー!(オ:にゃにゃ、後ろを向いている時に来るとは・・)キー坊は塀に上がるのに結構苦労してましたw

道は封じたにゃ

オンブレを見る キー坊
キー坊がオンブレをじーーーっと見ています。(オ:向き変えねば・・後ろを取るとはズルいにゃ)

しっぽは下に

ドンドン接近するキー坊
キー坊のしっぽw。怖い気持ちがこのしっぽなのか?戦う時はこうなるのか?

戦いましょーにゃー

目の前でニャーなキー坊
声だけは大きいキー坊。オンブレが戦う気がないので始まらずに済んでいる感じ(;^ω^)

ケンカなんかしないと言っておろー

睨みながら唸るオンブレ
オンブレがまっすぐにキー坊を見て低い声で唸っていました。迫力はオンブレの方があります。

眼力が強いにゃ・・

最後の一枚 キー坊とオンブレの背中
キー坊が視線を外した次の瞬間にオンブレは建物の奥へ走って逃げて行きました。そして、当然それを追うキー坊。裏に回ったので見えませんでしたが、キー坊のウルラーと言う声だけが遠くから聞こえていました(;´Д`)オンブレ君どうか上手く逃げておくれ~。


で、翌日別の場所でキー坊に会いましたが、怪我をしている様子はありませんでした。頭や背中、しっぽにも爪跡もハゲも異常もなかったのでバトルは無かったようです。オンブレが上手く逃げてくれたのでしょう。オンブレは強そうに見えるのに案外平和主義猫のようです(^^)テリトリー争いはよその場所で何度か目撃していますが、毛が舞う程結構激しいバトルになる事が多いので心配していましたが、若いキー坊はまだ押しも積めも甘いようでとりあえず傷を負う事も無く終わったようでした。怪我をして、面倒を見てくれる人が居るならまだしも、お外猫さんはその傷が元で命を落とす事もあります。でも、オス猫同士(どちらも未去勢)ですしテリトリー争いは本能ですからケンカをする事は避けれらないのでしょうね(´・ω・`)

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ