外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

うちの猫 食べる量の調整をする姐御

beforesleep_mee

我が家のにゃんずはどちらも基本はドライフードがお好み。みぃ姐は19歳を超えた今でも歯がしっかりしているものですから、カリカリ・・と丸飲みではなく噛みながら食べます。モンちゃんは良い音をさせたり~させなかったり~ですが、時々は噛んで食べてはいるようです(笑)

みぃ姐の場合は昔から自分で食事コントロールをするので朝と夜に出して置くと自分で食べたくなると起きて食べております。食べる時間帯は今は夜中~早朝に集中しています。昼間はほとんど寝ていますが水を飲みながら思い出したように朝の残りを食べたりもしています。

それが、最近少し食事の仕方に変化が出てきまして~、ウェットを以前程食べない日が出てきました。若い時から断食はするけれど、普段は食べムラは無いコだったので季節の変わり目の体調の変化?それとも年齢的なものなのかと少し気掛かりに(--)。といっても冷静に考えるとカロリー的には今の方が多く摂れているのか?と思って考えるてみると、彼女はウエットを減らした分ドライにシフトした感じとなっている事に気が付きました。(ドライフードは高栄養のタイプを食べているのでカロリー控えめなウェットを食べるよりも高カロリーとなります)

[今までの食事量]

朝 : ウェット(小)とドライを数口
夜~夜中:ウェット(小)+ウェット(中)とドライを20グラムくらい

[最近の食事量]

朝 : ウェット(小)とドライを数口
夜~夜中:ウェット(小)とドライを40~50グラムくらい

ウェットを全く食べなくなったワケではないのですが、いつも通り出しても最近は残してしまいます。その反面それまで夜中のドライはいつも残していたのですが、今はお皿に一粒も残っていないくらいきれいに食べ尽くしている状態。(ちなみにモンちゃんとは部屋を分けている時間帯なのでモンちゃんが食べちゃったのではないのですよw)
彼女の体がカロリーを欲しているのでしょうか?痩せ気味なのでその方が良いと言えば良いのですが、変化した事が少し気になったり。体重を量ってみましたが、減ってはいませんでした。

lookup_mee

それにしても、人間から見ると毎日同じフードで飽きないものか?と他のフードを数粒混ぜたりしてみるのですが・・。お好みでない場合はそれだけを残してしまう器用さを見せるみぃ姐(同じくモンたろもw)
しかし、彼女の場合ヘタなものを出してしまうと吐き易いのであまりフードの種類も変えられないのです。最近ではシーバはほんの少しなら問題ないみたいですけど、たくさん出すつい一気に食べるからか?もどしてしまいますorz・・ただ、他のフードでは食べてすぐに吐いたり食べ残しをしたりとイマイチなのですが、シーバは珍しく彼女的には好みなようなのでほんの数粒程度を混ぜています(^_^;)
それにしても、もう何年も同じメーカーの同じフードを飽きもせずに召し上がってくれていますょ。(ピュリナワンとロイカナ)みんなそうなのかなぁ?

モンちゃんは少しの量ですが色んな種類のオヤツを毎日食べるので、主食の食事が同じでもそんなに気にならないのですが、みぃ姐はオヤツには全く・・ことごとく・・なんで?という程興味を示さないので、ほんとにこの4,5年はずーーと同じものだけを食べている感じのコです。(なので、彼女の唯一に近いフード以外のお気に入りである「かつを節」だけは良いものを入手するとほとんどみぃ姐専用となっていますw人間はお手頃価格のヤツです)

以前も書きましたが、老猫さんの場合は消化機能が弱ってくるので、胃で溶けやすいドライフードでないと、時間が経って(お腹の中で膨張した頃)吐いてしまう場合があるようです。なので年齢によってフードは変えてあげた方が良いようです。

みぃ姐は若い時から毛玉を頻繁に吐いていたのですが、ある年齢の時から(14歳前後)毛玉とフードを一緒に吐くようになり、その時に完全にシニアフードに変えましたら以前のとおり毛玉だけをスルッと吐けるようになりました。お陰で掃除も楽になりました(^^;)

年齢は若くても消化機能の弱いコには専用の食事もしくはシニアフードを試してみるのも良いかもしれません。若いのに吐いてばかりいると栄養が摂れず病気になりやすくなってしまいますからね。

そして、今朝もみぃ姐のフードを見るとウェットは・・たくさん残されておりました。ん~~(-”-)
季節の変わり目は若い猫さんでも色々と変化が出ますので、とにかく日々注意してみてゆきたいと思っております。(下の写真は左からオヤツを食べるモンちゃん、食後の縦伸び~w。そして、お水を飲んでいるみぃ姐の横顔)

eatsnack_mon stretch_mon drinkwater_mee

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ