外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

キャットギャング タビゾ君は体も心もナイーブなコ

ハクの後ろにタビゾ

美しい白猫ハクちゃん・・の背後にこの場所には数少ない男のコのタビゾ君。やっと会えました(^^)でも、このコはお世話してもらっている方(教授)に聞いていたので心配していたのですが、蚊のアレルギー症状がかなり酷かったらしいコ。耳を見るとまだ全盛期ばりの血だらけちゃん(´;ω;`)・・そして写真には撮れませんでしたが首の辺りにもかなり掻き崩しており毛が部分的に抜けて耳と同じ血の滲んだ状態になっていました。もうすぐ寒くなるから・・ガンバレー!と願うしかありません。酷い時期は両耳や体が血だらけだったそうです。かわいそうによほど強い反応が出るタイプの様です。そこまで酷い症状なら、タビゾ君は家猫になるしか回避する方法はなさそうです。

そんな、アレルギー体質を持ったタビゾ君は心もかなり弱いコみたいで、女のコ軍団の睨みに負けて・・差し入れもゆっくりと食べる事ができません。まさか襲ってくる事はないんだから、どっしりと構えて食べちゃえばいいのに。一口食べては遠くへ~、でも食べたいからまた近寄ってきては女のコに文句を言われ~と、超ビビリん状態。そんな中、女のコだけどハクちゃんだけは、優しくタビゾに接しておりました。ハクとタビゾ君は他のコよりも前からこの場所にいるので気心が知れているのでしょう。

そして、写真では伝わらないのが残念ですが・・黒猫タンちゃんの鳴き声!それはそれは凄くて(;´∀`)「ウルサイですよー!」と目を見て言ってみるとちょっと大人しくなるのですが、タビゾ君が近づいてくるとまた「うぎゃーーーーおぎゃーーうぅーーあにゃーーー!」とボリュームも徐々に上げながらの何の目的だかよく分からない攻撃をしておりました。そんな意味不明攻撃をするタンちゃんも銀ちゃんに対してはあまり鳴かないんですけどねぇ~(^_^;)


ハクが食べている(感動)

ハク食べる
教授一筋のオンナなので、ワタクシからの差し入れは時々・・いえ、稀にしか食べないコ。
ん?きょうは教授は留守なのかな?(笑)

ハクの伸び~とこっそりなタビゾ

伸び~のハクとぼんやりタビゾ
ハクは一度にたくさんは召し上がらないようなのですが、食後に伸びをしてくれたので彼女なりに満足だったご様子(^^)嬉しいなぁ♪・・って、タビゾ君もどうぞお食べなさい。お腹減っているから出てきたんでしょ!?
ん?教授夫妻は・・やっぱり留守なのかしらん?ノーベル賞がらみ?(冗談です)

シーバは嫌いかい?

食べようとしているタビゾ
クンクンしてさー食べようかとすると背後から・・( ̄ー ̄)ゼッキョウマシーンニャンコタンチャンウルサーイ

睨むタンちゃんwith絶叫

睨むタンちゃん
うぎゃーうぎゃ言いながらの睨み・・もしや性格が悪いのか?(;・∀・)しかし、それに応えてタビゾ君もずっと鳴いて(抗議?)いました。絶対何か会話している風でしたよ。とても不思議な掛け合いでした。近くにいたハクと銀ちゃんは見ていただけ。

冷静な銀ちゃん

銀は冷静
こんな顔なのですw。別ににらんでいるワケでは無いと思います(^_^;) 銀ちゃんにはいつも通り”銀ちゃんファースト”で、すでにたくさん与えた後なので彼女は自分さえ満足すれば他のコを苛めたりはしない・・ハズです。

ボ、ボク食べてもいいのかにゃ?

タビゾ可愛い
もちろん~、てかさっさと食べておしまいなさい!でないと横取りされちゃうよー。

タンちゃんはお代わり済

タンちゃん食後のペロリ
自分はお代わりも済ませてペロリンしながらのタビゾ君への”うぎゃぎゃ攻撃”・・もしかしたらソレ結構おいしいから食べてみーーという内容だったりするのかも?どんな内容なのかは分かるハズもないので、あまりタンちゃんを責めても何ですかしらねっ(;^ω^)


この日は珍しくタビワンには会えませんでした。近くの事務所でもお世話になっているらしいのでそちらで満腹になっていたのかもしれません。ついでにお昼寝しちゃっていて気づかなかったりしてw
銀ちゃんもその事務所でお世話になっているのですが、彼女は気を抜かないようです(笑)

タビゾ君・・早くお耳とその他の傷が治ると良いなぁと思いつつ・・そして、ハクがまた近づいて来てくれますようにとも願いつつ・・(^^)いえ、たぶん次の日も通過するんですけれど・・ね(笑)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ