外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

今まで撮った写真のデーター保存に悩む

小さな赤いぼんぼり

写真の専門家でなくても・・ほぼ毎日写真を撮っている私としては(日に10枚~50枚程度)結果膨大な写真データーが貯まっていっております。現在は外部HDDとパソコンの中にあるわけですが・・。
パソコンも外部HDDも実は壊れやすい・・そしてそれは突然やってきます。
今までは偶然パソコンが壊れる前にスペックの高いものに移行していたので、なんとかデーター消失を免れているに過ぎない・・たまたま運が良かっただけなのではないか?と思っております(^^;)
で、そろそろ壊れそうな年数になってきたこともあって・・季節的にも夏。熱に弱い機器なので壊れる前に真剣にデーターの保存について考えてみました。(ド素人ですがw)

データー保存方法 あれこれ

私はデジカメで撮影したら毎回(毎日)パソコンに保存するようにしています。それを外部HDDに自動同期保存という感じです。しかし、外部HDDの寿命及び故障が多いと見聞きする度に不安に・・。このままではバックアップの意味が無い!と思い別の保存方法を検討する事に。

1.クラウドサービス

最近ならすぐにこれが思い浮かびます。Googleフォトもリリースされてご存知の方も多いかと。1600万画素以内なら無制限でしか~も無料!Googleフォトが画期的といわれていますが、他にもDropboxやYahooボックスなどいろいろとあります。但し写真が圧縮される事や入れられる容量、制限越えの場合の料金、保管期間の有無やらいろいろと気になる事も、調べてみると他にも不安な事が・・。(知らないって怖い・・素人って怖いw)
メリット:パソコンが壊れても写真は消失しない。一時的なデータの保管ややり取りに利用し易い。スマホや携帯で撮った写真であれば圧縮されてもほぼ見劣りはしない。(圧縮の技術は向上しているらしいです)
デメリット:利用するクラウドによって容量の制限がある。画像の圧縮により写真の劣化が起こる場合がある。セキュリティの問題がある。永続的に保存する保証が無い。サービスの終了や内容変更等が起こり得る。

2.メモリーカード(SDカード等)

メモリーカードは小さいし扱い易いですよね。でも、コレ通電してないと・・データーは消えちゃう!?それ知ってました!
メリット:取り扱いが簡単で小さい。データーもメモリーカードの容量次第でそれなりに多くの写真を保存可能。
デメリット:使わずに放置すると5年から10年の間にデーターが自然に消失する可能性がある(微量の電気を利用して記録・消去をする仕組みのため)

3.外付けHDD

現在これを使っていますが、突然の故障ほど怖いものはありません・・。3年目の機器を使っている者はもはや神に祈るしかないのか?
メリット:大容量で大量のデータが保存可能。価格的に安価。(2TBで最近は1万円前後)データが大量でも一気にコピー・保存可能でストレスが少ない。同期設定をすれば面倒もなくデータ保存が可能。編集後のデーターの書き換えも容易にできる。
デメリット:壊れやすい。(寿命は3年~4年といわれているらしい)経年劣化の末にデーターの読み書きが出来なくなる可能性が大きい。

4.DVD/BDなどの光学メディア

なぜだかこれをする気になれないので、経験なし(^^;)
メリット:薄く小さく軽いので保管に場所を取らない、質の良いものに残せば長期保存が可能。(10年から100年とも・・)枚数も相当数保存可能。破損の心配が他のメディアに比べて少なく、信頼性が高い。
デメリット:書き込むのに時間を要する。最新のメディアへ移行する可能性がある。現在の最新光学メディアはBDであるのでDVDよりBDへ残した方が将来安全。今後も時代の変化によって最新のものに移行する作業が出て来る。

5.プリント/紙に印刷(本を含む)

似たような写真がたくさんあるし・・全部を紙にするつもりは・・ないですなぁ~。
メリット実はとても確実な保存方法。パソコンを立ち上げずともいつでも、誰でも見る事ができる。フォトブックのサービスなどを利用すると本として残せる。
デメリット:編集はできなないので、見る為だけの保存方法。

6.レンタルサーバーを契約

そう言えば、サーバー契約してるのがある・・ワタクシ(^m^)それもほとんど使用してないのが・・うふふ。
メリット:容量さえ余裕があれば自由に出し入れ可能。クラウドで心配な部分であるセキュリティや写真圧縮問題、その他の利用制限などの心配がなくなる。レンタルサーバーはどんどん安くなってきているので100GBなら月額500円程度で借りられるところも。(ミラーリングされているかどうかも気にしつつ・・)
デメリット:料金が別に掛かる。これなら有料のクラウドサービスを使うのと同じ!?いえ、有料であってもクラウドサービスだと写真の圧縮問題はついてまわるようなのでよく確認する必要あり。

そして、私の結論は・・

皆様には全く興味がない部分かと思いますがw 私は今回この事を考えてふと使っていないレンタルサーバーを思い出したので(毎月お金払ってる事ですし・・ね)そこに写真を保管する事に致しました。それにしても鬼のように写真があるのです40GBは軽く越えてたような・・私のパソコンもこんなに重たいものを背負わされていたとは・・ご愁傷様なことです。
で、量が量なので今夜遅い時間に写真を入れようかなぁ~と思っているところでございます(^^;)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ