外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

昨日はスーパー猫の日だったので・・懐かしい猫さんを再召喚

gin face close up teeth are missing

銀。懐かしい。このコを見掛けてからなぜかとても気になって毎日通ったら、結果銀の近くには7匹以上の猫さんが暮らしていて多頭飼いの食事の大変さを知ったものです(笑)銀と仲間たちに会っていたのがつい最近のように感じておりましたが・・、もう2年と6ヶ月前の事となってしまいました。銀は精一杯生きたと思うので悲しんではいけないのだろうと思っています。仔猫時代にそっくりな姉妹を先に亡くし、その後ひとりで頑張って生きた孤高の猫さん。見掛けと同じで男前な女のコだったなぁ。今写真を見てもそんなに時が経ったとは思えません。

外猫さんは姿を見なくなると、亡くなったのかと思いきや・・みんながみんなそうでもなくて、運良く保護されているコもそれなりに居る事を後々知る事があります。そんな話を聞くと嬉しいです。知らない人にありがとーございますぅーーと拝んだりしたことも(笑)世の中、捨てたものではないのですねぇ(^^)

で、懐かしい銀ちゃんと今は会えなくなった猫さんの写真を懐かしーーっと言いながら並べてみます。スーパーにゃんこデイなので特別に(^_-)☆


ハク

階段でちんまりハク
銀ちゃんの場所に居た眉間にシワを寄せる白猫レディ。警戒心が強かったのに数か月でベタベタにゃんこに変身したコ。気が強かったので銀ちゃんとは仲良しではなかったけど、後半は一緒に仲良く食べたりもしていたっけ。

タビワン

激近タビワン
このコも銀ちゃんの場所に居たコ。唯一のオス猫君でした。平和主義者で他の猫さんの喧嘩をよく止めていました。とにかく、人好き、猫好きでいつも誰かの近くに居たコ。特に銀ちゃんの事が異常に好きでいっつも後を付いて回っていました。銀ちゃんにはいつもしつこいっ!っと怒られていましたけど(苦笑)タビワンが仔猫時代に銀ちゃんに優しくして貰ったんじゃないかと勝手に思っていました。

ドンちゃん

見つめるドンちゃん
生粋の野良猫さんという印象のオス猫君。たくさんの子孫を残した公園猫君でしたが、TNRされリリース後はしばらく姿を見たものの半年もすると全く見掛けなくなったコ。TNR前からかなりボロボロ(喧嘩傷やら猫風邪やらで)だったから体調が悪くなったのかもしれないと思いつつ・・1年粘ってみたましたが一度も会えず仕舞い。鳴きもせず、食べ物は咥えて遠くまで持って行ってから食べるのでオヤツあげるのが大変だったな。

コルレ

階段の上のコルレ
見るからにおじいにゃんなのですが、実はそこまで高齢ではなかったはずのコルレ。大きな体は激やせしたり、激太りをしたりと居場所によって変化していました。きっとそれが良くなかったのかも。猫風邪もあって、時に鼻水目ヤニが大量で辛そうな時もありました。なぜかやらたと喧嘩を吹っ掛けられて首や背中に痛々しい傷を何度もこしらえていました。いつの間にか姿を消したけれど、何となく保護されているようにも思っているコ・・そう願いたい。

モフキジ君

遠くを見るモフキジ君
コルレもお世話になった猫コロニーに最初から居たモフキジ君。大きくてふわふわで目立っていました。甘えん坊なのかよく鳴いていて、追いかけて来る事も多々ありました。ほぼオス猫のコロニーに暮らしていたのですが、ほとんどの猫がモフキジ君とは仲良くしていましたっけ。愛されにゃんこだったコ(*´ω`*)

チロン

チロン正面
そうそう、こちらはキジモフ君が暮らしていた場所で当初会えていたサビ猫さん。高齢猫さんのようでしたが、モフキジ君はこのコにべったりで、他の猫たちにも慕われていたコ。短い期間しか会えなかったけれど印象に残っている優しいオーラを持った猫さん。

ノース

ノースちょっとやさぐれ風
出会った時からとても痩せていたので、恐らくお外で会ったコで一番高齢猫さんだったのではないかと今でも思っているコ。お世話をしてくれる方のお部屋の前にずっといたけれど、会えなくなりました。裏路地の道路の真ん中によくお座りしていて遠くからもその姿が見えていたのですが、それが絵画みたいだなぁと思いながら写真を撮らせてもらっておりました。

三毛姉さま

余裕の三毛姉さん
ロシグレ君やサビーヌちゃんと一緒に暮らしていた三毛猫さん。このコもかなりのご長寿にゃんこさんだったらしい。賢くて綺麗で共に暮らす猫たちとも仲良くしていた頼れるリーダーといった印象があったコ。お外暮らしだったけれど大切にしてもらっていました。三毛姉さまだったら「アタチは天寿を全うしたので悔いはありませんにゃ」と自信満々に言いそう。

ルル

ルル 元気そうだね
長く頑張っていたサビ猫ちゃん。具合が悪くなって4年くらいは元気に過ごしていました。お世話して貰っているお宅の瓦屋根で日向ぼっこをよくしておりましたっけ。1年様子を見ていましたが、2021年は会えず。別のコがその場所でお昼寝するようになったのでなんとなくルルの状況が分かった感じ。一時期より随分と体調は良くなって、それから何年も過ごしていたのはやはり生命力は強かったのだろうなぁと。ルルはまだ懐かしいと思う程時間は経っていないけれど・・。

カエデ

かえで
ルルちゃんもしばらく暮らした神社にずっと以前から暮らしていたコ。もっふもふのサビ猫さん。最初はシャーシャー言うておりましたが、しばらくするとかわいい目で見つめてくるように。仲間が居た頃はみんなと一緒に並んだりしてかわいかった。長い間会えずにいてひょっこり会えた時に涙が出る程嬉しかった。そしてまた時間は過ぎてしまって会えなくなったけれど。

大君

神社猫大君
神社に居たオス猫君でなぜか鮮明に覚えている黒猫君、きっと捨てられたのだろうと思ったコ。大きな体をしていたので大君と呼んでいたけれど、最後は半分くらいまで激やせしていた。たくさん食べるコだったのに何も受け付けなくなっていたのがとても辛かったな。もう長い時間が流れたけれど、神社の大きな木の上でお昼寝してた大君を、神社の木を見ると思い出す。

雫 来る しっぽぶんぶん
神社と言えば、雫。狛犬ならぬ狛猫業務を一時期していた特別扱いの猫さん。若い猫とイマイチ仲良くなれなかったけれど、人には懐っこいかわいい、かわいい女のコでした。ふっくらボディを長きにわたりキープしつつ、最後まで高いイチョウの木の上まで登ってお昼寝してたっけ。雫もまだ懐かしいという程時間は経っていないけれど、必ず会えていたコだったのでその反動が大きい。雫と階段を一緒に上ったり下りたりが楽しかったな。


なんだか、次から次へと出て来る愛すべき猫さんたち。スーパー猫の日をきっかけに思いついたけれど、もっと居るのですよ。時間の経過もありますからかなりたくさんの懐かしにゃんこがいます。いつか、続きをやらなければ!次回はきっと普通の日に懐かしい猫さん並ぶと思います(;^ω^)
それにしても、猫さんの寿命はほんとに長くなりました。お外暮らしの猫さんもひと昔に比べたら長生きしているなぁと思います。しかし、家猫さんと比べたらやはり短いですね。会えた事は運が良かったのかも。そして、写真は時を止めてくれる。また会いたい時は顔だけは見る事ができる。出会ってくれてありがとねーっとひとりひとりに伝えたい。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

    • nayu
    • 2022年 2月 23日

    お久しぶりです^ ^
    コメントはお久しぶりですが、ブログのほうは欠かさず拝見させて頂いております^ ^

    いやいや〜。もう…本当に…懐かしいメンバー、大好きな猫さん達♡
    銀ちゃん、モフキジくん、三毛姐さん、カエデさん、ルルちゃん、そして雫ちゃん…(ノ_<)

    色々な思い出が込み上げて来ました。ホロリ。
    本当にみんなステキな子達でしたね!

    出会えたことに感謝です。
    願いがもし一つだけ叶うとしたら、また彼らに会いたいです。

    貴重なお写真を投稿本当にありがとうございます😊

    彼らのことは片時もずっとずっと忘れません。

      • meelala
      • 2022年 2月 23日

      いつもありがとうございます(^^)
      懐かしいですよねぇ。時間が過ぎるのが早くて1年なんてすぐに経ってしまいます。
      そして、過去に当たり前の様に会っていた猫さんたちがこんなに居たとは(^_^;)
      半分も懐かしめておりませんが・・。
      今回、nayuさんのお馴染み猫さんが入っていて良かったです。
      出来る事ならまた彼らに会いたいですよねぇ・・うんうん、どの子にも会いたい!

      また、他の懐かしにゃんこも再召喚したいと思っています。
      ナチャ君も今回入っていませんでしたし。
      なかむらさんち前の懐かしいコたちと一緒に次回投稿したいと思っています。
      お忙しい中コメントを書くのは大変ですから・・見て頂くだけで十分ですよ(*´ω`*)
      いつも、本当にありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ