外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

お腹にぐるぐる模様のクラタンはマロンと

クラタンほよよん

クラタン。シルバーカラーのアメショミックスの母猫”シルバ”の子供。実はサキママの子供とシルバの子供たちは一時期一緒に暮らしていました。現在、シルバは同じ公園ではありますが、少し場所を変えたようで時々お出掛けしているのを見掛けたりますが、いつも一緒だった3にゃんの子供たちをほとんど見掛けなくなったので気になっていました。

そして、マロンが時々単独行動をしていた理由は、シルバの子供達に会いに行っていたからだったのかもしれないなぁ~っと、この日クラタンと一緒に居たマロンを見てなんとなく・・そう思ったり(*´ω`*)実の姉弟でも相性があるらしいので、マロンはたまたまシルバの子供達の誰かと(クラタンなのかもしれませんが)気が合うのかもしれません。クラタンの兄妹、マカロンとシルフィにはとーーーんと会ってません。元気なのだろーかーー??( ̄▽ ̄)いや!絶対元気でいるはず!


新猫ではにゃい

ぐるぐる模様
遠くから見えた瞬間、独特な色とぐるぐる模様ですぐにクラタンだろうと思った撮るヒト!正解!

あ、見失う・・

クラタン低木の下へ
木の下に入りそう・・。これまでか!?

木の下を覗くと違う猫

あら毛質が違う
あら・・長毛になっているし・・(^▽^;)

遊んでいたのん?

遊んでいたのかなふたり
手前クラタン、奥マロン。母猫は別々。年齢はほぼ同じですが、クラタンの方がひと月くらい年長さん。

少し垂れ目

覚えているようですクラタン
クレオパトラライン(目尻から頬にあるラインをそう呼ぶらしいです)が下向きだからそう見えるだけ?

マイペース

マイペースマロン
で、マロンはいつも通りに自分の要求を満たそうとずんずん接近してきます。でも触って良い訳ではにゃい( ̄ー ̄)そのうち触っちゃうぞー。

短足マロンと臆病クラタン

相変わらず短足マロンと背後にクラタン
自慢の短いあんよを目いっぱい広げで前進してくるマロン。オヤツを貰えるまでずんずんと目の前を右に左に行ったり来たりしております(笑)クラタンはこちらの事を覚えているようですが、かなり久しぶりだったからか?ちょっと警戒してるよう。

くんかくんか・・

探し物ですかクラタン
クラタン、何か探し物ですか?

何も置いてにゃいのか?

こっち見るクラタン
あ、オヤツ置いてあるかと思ったの?今出すから~(^_^;)


しかし、この日出したオヤツは全てマロンが食べてしまいました~( ̄д ̄)アレマ。きょうのマロンはいつもより積極的にしつこくずんずん向かって来ていたので、かなりお腹が減っていたのかも。

クラタンのボディを見ると丸っとしているので新たな場所でもちゃんと食べる事が出来ているようです。今回はあいにく食べそびれちゃいましたが緊急を要する感じではなさそうなので大丈夫かと。また次回会えたらたっぷり差し入れしたいと思います。

もう少しするとこのコたちも幼さが抜ける頃。この公園で生きてゆくのだね。とにかく、マロンもクラタンも元気に春を迎えられて良かった・・(*^^*)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ