外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

ウルラーウルラーとうるさいので見に行く コルレとデン

止まるデンちゃんと睨み続けるコルレ

茶トラがシニアにゃんこのコルレ君、目の前はデン君。デン君は今回が2度目で呼び名は今書きながら決めましたw。2月の初旬にドンちゃんそっくりの猫として一度だけ写真を撮ったコ。ドンちゃん似でしっぽが長いキジ白男子です。

公園の近くを歩いていましたら、中の方でギャーウー、ウルラーと何やらにゃんずの声がウルサイので、見に行くとこのふたりがバトルをしていたようです。どちらも未去勢の男子。しかし、コルレ君はかなりの高齢にゃんこだと思っているのですが、売られたケンカは買うのか?それともコルレから仕掛けたのか?にゃんとも謎ですが・・それにしても、横からみるとドンちゃんにそっくりなデンちゃんでございます。兄弟なのか!?


何がありましたのぉ~(;´Д`)

コルレとデンのバトル
にゃんこの大声の発生源はこのふたり。コルレの方が上からいってますから、コルレ優勢?デンちゃん下から見上げてる~首元を噛もうなどと!?ヤメテ( ;∀;)

誰かきた・・ニャ

止まるデンちゃんと睨み続けるコルレ
っと、停止したデン。劣勢はデンの方だったか?地面の抜け落ちている毛にご注目。かなりの量抜けてます。

超スローモーション

そろーり移動するコルレ
ものすごくゆっくり移動を始めたコルレ。ん?こっちが劣勢だったか?

あ、逃げたニャ・・

コルレを見るデン
ホッとしているのはどっちだか?

頭をブルンブルン

頭を振りながらコルレ
頭を振りながら歩くコルレ・・。

離れた位置で様子を伺う

座って様子を伺うコルレ
くるんと腰を降ろして何げなくデンの様子を伺っておりますなっ( ̄▽ ̄)
あ、頭のてっぺんに毛の塊が・・・叩かれちゃったんだねw。

目を合わせてはダメニャ

後ろが気になるフリのデン
後ろが気になるフリなど・・(^m^)

勝ったのはワシ~

コルレころりん
シニアにゃんこと思っていたけれど、案外強いのかも!?「まだまだ若いもんには負けないのにゃ~」・・的な?w

遠い目で・・

平和好きなコルレ
後悔しているのか?それともご満悦なのか?相変わらず目の調子がよろしくないので表情が良くわかりません(;^ω^)
コルレ君は穏やかな性格だと思ったけれどケンカするんだ~。

普通にビビリ

ビビリのくせにケンカするデン
撮るヒトが鞄を地面に落としてしまったのでびっくりさせてしまいました。ごめんょ(^^;)
それにしても、地面に落ちている毛束はかなりもみ合った感じがします。

首を伸ばして目を細め( ̄д ̄)

目を細めてデンを見るコルレ
デン君が移動を始めたらこの顔(笑)首をにょきっと伸ばしてこの目!!( *´艸`)
この目を細めて相手を見る顔は個人的に好きな表情のひとつ(笑)にゃんこは警戒してたりすると威圧する為に目を細くして見つめます。

離れていった

位置を確認しているコルレ
ので、安心しているっぽいコルレ。ケガとかしないでよ!まったくもぉ(;´・ω・)

ペチペチした手

デンの手にコルレの毛
デンの手をよく見たら、左手に毛が付いていました。コルレをパンチした時のものでしょう。地面には茶色の毛と白い毛が結構たくさん落ちていてハラハラと風に舞っておりました(;・∀・)パンチだけで済んだのか?お互い噛み合っていたのか?距離がかなり近かったので噛んでたかも・・。


猫は人間が近くに行くとケンカを止めたりする事が多いので、猫のケンカに遭遇したらしつこく写真を撮ってやりますの( ̄▽ ̄)すると・・だいたいケンカは収まりどちらかが(劣勢の方でしょうが)去って行きます。流血する前に止めてあげたいものです。外暮らしのコたちにとってケンカの傷は化膿するリスクが非常に高いので、命の危険も出てきますからね。この日のふたりは流血や目立った傷は無かったようなのでまだ序盤戦だったようです。

そして、この日は近くにたくさんのカラスがいて、やたらとうるさく鳴いていたのです。近隣のマンションの方がカラスを追い立てていた程。(窓から手を叩いていました)。そんな中、猫のケンカの声までしていたら迷惑ですもんね。ワタクシが見つけた瞬間に叫び声は止んだのですぐに静かになってくれました。カラスはそれでもしつこく鳴いていましたけれど・・。

やはり、どちらも去勢されていないコなので、こうなり易いのでしょうかね?まぁいつもケンカしているワケではないと思いますが。デン君はまだ若そうに見えましたが、コルレ君はいい歳なのだろうから・・傷とか治りにくんだからほんとにケンカは止めて欲しい・・っと思った日でした(;´・ω・)

それでは、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ