外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

事務所にゃんず ある日の光景 4にゃん登場

すやすやなコウガ君

この日はチロンさん、もふキジ君、コテちゃん・・お初にゃんこの茶色っぽい黒猫さんに会えました。この黒猫さんは片方だけ上の犬歯が出ている少しシニアな猫さん。後日見た時はチロンさんと添い寝していたので、実は古株さんなのかも(^m^)そう言えば・・この場所で何度か黒猫を撮った記憶が・・。暗かったのでお顔の識別ができていなかったのですが、恐らくこのコだったのかと思います。今回しっかりお顔がみられたので呼び名を決めてみたいと。黒牙・・クロガ?・・コクガ?・・コウガ!、コウガと呼びます(苦笑)男のコなのでコウガ君で。


コウガ君・・出てます

クロキバ君の牙
首を上げてくれましたが、目は開いておりませんねーw。そして出ている牙は片方のみ。反対側の牙はあるのんかいな?

すぐ近くに

チロン横顔
コウガ君のすぐ近くにチロンさん。ドアよ開けと念を送っていらっしゃるようすw(ドアが開けばお食事タイム♪)

にゃにか?

チロン正面
チロンさんは動じない猫さん。いつもまっすぐに見てくださいます。

およ?

帰って来たモフきじ君
走って帰ってきたもふキジ君。まるで子供みたい。ワタクシがいたのでピタリと止まりました。

チロンさんはどこかな?

チロンさんを探してる
そして、探してます・・。

ボク帰ってきたにゃ~

チロンさんに帰宅報告
チロンさんを見つけてジャンプして目の前に向かったものの・・・。

シカト・・!?

つれないチロンにがっかり
予想外のスルー(笑)「ハイ、ハイ、お疲れ様にゃっ・・」と軽く往なされたように見えました。チロンさんの頭の中は夕食の事だけのようです(^^;もふキジ君の顔が面白いw

平和だったかにゃ?

でもクロキバ君が優しい視線をもふキジ君へ
でも、そこは男同士。コウガ君が優しい目付きで労ってくださいました・・・と妄想(苦笑)

足元にずっといたコテちゃん

ずっと足元にいたコテ
その間、ずっとワタクシの足元(車の下)にいたコテちゃん・・顔を見たらびっくりお目メになっちゃいました。こっそりといるのが好きなのかな?(^m^)

白い毛が多く混在するコテ

こっちょり車の下にいるコテ
白黒猫さんはみんなこんな感じなのでしょうか?他の白黒猫さんより、かなり白い毛が黒い部分に混在している気がします。いろいろな違いがこれまた面白いです(^^)

キリッとな

もふキジ君の主張
お鼻は赤茶色のもふキジ君。太いお手てが頼もしいw 折れたお耳もすっかり馴染んできたようです。(折れた耳は薄いまま垂れているので腫れもなく、痛みもないのでしょう。痛みさえなければなーんの問題もないようです、耳血腫の後だと思われますが処置をしてもらったのか?自然治癒なのかが興味深い点ではありますが、聞く術もなく不明です)


それにしても、サビ猫のチロンさんは人気があります。ほとんどのコがチロンさんと添い寝をしているのではないかしらん。多くのコと一緒に寝ているのを目撃しております。母みたいな感じ!?どのコかは本当にチロンが母親かもしれませんが、もふキジ君とか・・クロキバ君はどうなんでしょ?以前も別の投稿に書いていますが、全く別の場所ですが、神社のサビ猫のカエデさんもチロンさんと同じ状態です。みんなに好かれています。サビ猫の女のコは猫たちから好かれるのでしょうかねぇ?ちょっと面白い共通点・・でも、たった2箇所だけの話ですけどね(^^;)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ