外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

茶トラエリア 耳にカットのあるママ猫ちゃん 階段

ginger cat mama turn face

茶トラママ猫ちゃん。このコは耳にカットが入っているように見えるのですが、初めて会った時生後2ヶ月くらいの仔猫数匹と一緒に居てお乳も吸われていました。耳にはカットがありますが(位置は性別をあまり気にしていない場所)、仔猫を産んですぐに猫ボラさんが捕獲して避妊手術をしたとは思えず、通常は生後2ヶ月くらいまでは授乳が必要なので仔猫と一緒に保護するか仔猫が生後2ヶ月過ぎるまで待つようです。もしかしたら、このコは育ての親なのか?少し年上の兄弟だったのか?考えても分かり様がないので謎のままですけれど。それにしても、この場所には茶トラさんがたくさん居るのを最近知りました。恐らく家族なんでしょうねー。


雨上がり

mamacat walking after rain
遠くに茶トラさんを発見。誰だろ?

入って行く

茶トラママ 入る
右側の建物に入って行くようですね

誰にゃ?

茶トラママ 振りむく
入った先を覗くと振り返って見てくれましたよ(^^)最初に会った時も感じた人馴れしている態度。きっとお世話人様が優しいのでしょう。

前向いて

茶トラママ 前を見る
撮るヒトから逃げるという感じではなく、行くべき場所があるって感じでした。

階段

茶トラママ 階段
軽やかな足取り。このコもまだ若そうです。

端っこ

茶トラママ 階段端っこ
猫さんはほんとに端っこを歩きますね(笑)

それでは失礼しますにゃ

茶トラママ 失礼しますにゃ
最後に振り返ってくれて・・

お目当てのお部屋はどこ?

茶トラママ 先を見る
もしかしたらここは通過して向こう側に行くだけだったのかもしれません。実は向こう側には古い家屋が数軒並んでいるのです。猫が居そうな感じの場所なんです(^m^)


勝手に茶トラママと呼んでいますが、そっくりなオス猫君(このコも若い)を後日見つけました。顔がよく似ています。オス猫君の方にはまだ耳カットはありません。でも、この場所、猫ボラさんが複数暮らしていると聞いていますから順番に捕獲され、手術する事になるのでしょう。もう随分大きくなった仔猫たちも、そのうち耳にカットが入ると思います。それにしても、この場所は随分と猫さんが増えています。猫ブームの影の部分?それともただ別の場所から流れてきただけなのか?食事場所と居場所、所謂、定位置が無い猫たちの寿命はやっぱり短いのです。だから、なるべく家の中で暮らしてくれる事を願う。茶トラエリアで現在確認している茶トラの数は6匹。他に黒猫さんとキジ白猫さんも居ます(;´∀`)

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ