外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

足が痛くて出歩くのが辛いと仰るご婦人の理由が

senryou

にゃんこストリートで時々見掛ける高齢のご婦人が足が痛くて外出が辛いと仰っていて、つい高齢=関節の不具合とばかり考えていました。軟骨の減少や骨自体の弱さやら、膝や股関節の変形など・・歳を重ねればどんな人でもそれなりに変化がありましょーから。そのご婦人に対してもそう言った理由からと思い込んで、ただ「可哀想に・・」しか言えずに、お話をそのまま聞いておりました。
すると、股関節や膝、足首など関節が痛いワケではないらしい。そして、骨密度の数値は年齢の割に良いのだと。では何?外出も躊躇う程の足の痛みとは?ははーん、もしかして外反母趾の重症者なのかな?っと思いきや、若干その傾向ではあるものの違うと仰る。で!結果はなんと足の裏にできた魚の目だと!え~っ!魚の目の重傷者?とナゼか興味が・・(たぶんそれなら改善できそうっと思ったからかと(;^ω^))聞くと足の裏の先の部分(ハイヒールを履いた時に最も体重が掛かる部分)の足指のすぐ下辺りに大きな魚の目があり、なかなか治りきらずにそのままになっているのだとか。魚の目には芯がありますからねー、神経に触るので痛みが出るらしい。片足でも辛いだろうに、両足にあるとの事。しかし、まさか魚の目で歩けない程痛いとは思ってもみませんでした!筆者自身も何度かこしらえた事もありますが、割りとすぐに解決した覚えがあったので歩けない程の悪魔に変身するものとは思ってもみなかったのです。足の裏は違和感を感じやすいと思っていたので誰でもすぐに対処するのだろうなぁと思っていたのですが、そのままにしていることで(痛かったらそのままにはできないと思うのですが・・)歩く事ができなくなるとまでは考えていませんでした。
その上、高齢のご婦人=関節の衰えと思い込んでいたところのある筆者でございます。しかし、魚の目が原因ならば解決できるのではないか?っと・・サクッと調べてみると以下のような治療がありました。放っておくと今回のご婦人のように歩く事も辛くなってしまう程になるようですが、早めに対処すると治りも早く、しっかり魚の目の芯とやらを壊滅できれば再発が無い場合もあるようです(歩く癖や靴の形状により再発をし易いのが魚の目らしいですけれど・・)

サクッと調べた対処法いろいろ

1.皮膚科[レーザーや液体窒素を使って除去]

 液体窒素の治療は多くの人が痛いと・・言っているようですが、小さな魚の目ならすぐに治るみたいです。痛みに耐えられない人はレーザーに変えてもらう人もいるようですが。重症の場合はメスで切開して芯を取り除く場合もあるのだとか・・痛そう(;´・ω・)
 費用はサイズや状態によって、治療方法も期間も様々なようですが、治療方法によっては保険適用にならないものもあるようなのでピンキリみたいです。

2.鍼灸院[お灸(もぐさ)で炭化させて取る]

 もぐさを魚の目の上にすえて炭化させてぽろりと取れるのを待つようです。じっくりと時間を掛けて(1時間程)やる場合や数回通う場合と治療院それぞれの方法があるようです。自宅でできるように教えてくれる良心的な鍼灸院もあるそうで、初めのうち何度か通って、酷い場合は当然取れるのに時間が掛かるでしょうからじっくり自宅で。という場合もあるようです。
 費用は通常の鍼灸治療と初回費用なので高いものではなさそう。ついでに他の辛い箇所(腰など)も施術してもらえるので良いかもしれません。

3.フットケアサロン[専用の機械で削る]

 ドイツ仕込みのサロンや靴メーカーのサロンがあるようです。足の専門家らしく、万が一必要がある場合はほとんどのサロンが病院を進めてくれるとの事。毎日たくさんの人の足を見ていると病院対応の案件も多く見ているのでしょうね。本人は分からない事もサロンでは見抜けるのでしょう。心強い。
 費用はケアの内容やサロンによって4000円くらいから10000円程(幅がありますが)タコや魚の目の除去だけではなく、いろいろな足のトラブルに対処してくれるようです。

4.ご自身[市販のサリチル酸などを使って]

 初魚の目や小さい魚の目なら市販の貼るタイプのものなどで対処。ただ、すでに繰り返しているようなら芯が残っているので、そんな時は専門家に頼った方が早くおさらばできるのかもしれません。何度も市販薬を購入しても治らない人などは、病院や鍼灸院、サロンなど一度他人の目から見てもらう機会を持った方が良いかと思いますょ。
 費用は1000円前後で安価で時間も気にせずに対処できますね。
※注意1)魚の目だと思ってもそれがウイルス性のイボという事があるらしく、素人では判断が難しいようです。(ウイルス性は触ると周りに広がるらしいですよ!)なので最初は判断のできるサロンや病院に行くのが良いのかもしれません。
※注意2)芯があるので自分で取り除きたくなるようですが、ばい菌が入り膿んでしまう事があるようなので、爪切りやカッターなどで取ろうとするのは厳禁。


明らかに重症であれば皮膚科に行った方が解決が早いかと思います。差し迫ってない症状で、時間が許せば、鍼灸院やフットケアサロンが良いように思います。初めてできたとか、しつこい再発でなければ自分で市販薬で対処する方法でも治りそうではあります。とにかく、放置せずになるべく早めに対処した方が長引かずに済みそうです。今回のご婦人のように出歩く事もままならなくなるなんて事にならないように。靴メーカーのフットケアサロンなどでは、歩き方の癖を診断してインソールやら靴の助言も貰えるようです。足が痛い場合、それを庇う為に実は腰や背骨に相当な負担を掛けてしまうので結果、全身のバランスが崩れて体調が悪くなったりもするようですしね。単なる靴擦れでさえも痛くなると変な歩き方になりますものね~(;´∀`)

今回お喋りをしたご婦人が興味を示したのは鍼灸院でした。とにかく何か対処をすれば今よりは絶対に楽になる事でしょう。魚の目なんかに外出の楽しみを阻止されてはなりませんものね。たかが魚の目されど魚の目・・放っておくと悪態をつく様なのでご注意を!

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ