外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

きじとらボーイ コイキー 太陽を浴びてぽかぽかな日

koiky watching me

コイキー。はい、掴みどころのない、不思議ボーイがこの日はたっぷりと日を浴びてこちらを睨んでおりました(;´Д`) この日もたくさん鳴くけどやっぱり下りては来ない。2メートル以上はある高い場所なので手は届きませんし、反対側から回ろうと思っても立ち入り禁止の緑地になっているのでどっちみち近くには行ってあげられない。以前はすんなり下りて来てくれたのに。この日はぽかぽかな日を浴びて暖かそうな様子だったのでバイバイもしやすかったけれど・・。ちゃんと食べているのか?それだけが心配(´・ω・`)


遠くから見えてた

コイキー 遠くから
日向ぼっこコイキー君

目が細い

コイキー 鳴いている
下から「下りといで~」と声を掛けても、全然動く気配はありませんでしたよ(;´∀`)

ただずっと・・

コイキー ズームでも鳴いている
鳴いていました。オヤツが欲しいワケでもなく、撫でて欲しいワケでもなく・・ん?もしかしたら目障りだと鳴いていたのかな?(^_^;)

背中で語る

コイキー 背中
さっさといなくなってにゃ・・という意味なのか?視線を外してこちらを見なくなったコイキー君。なんだか寂しいなぁ(T_T) 元気ならいいけれど。


この時はいなかったのですが、いつも撮るヒトの足元にはタンタル、クロム、クラタンの3姉弟がくっ付いて居る事が多いのでそれを覚えて避けているのかなぁ?っと思ったりしました。タンタルとクロムのどちらかが苦手なんだと(たぶんタンタル)戦うつもりは全くないコイキーなのに、タンタルは見つけるとすぐに追いかけてシャーハー言いながらコイキーを排除しようとするので、残念ながら気が合わないようです。で、この日の数日前に2度連続で3姉弟と一緒にいるのを離れた場所から見ていたコイキー、なので下りて来なかったのかもしれません。ま、オヤツをあげてもきっと食べないんですよ。過去にも何度かカリカリやカツオを進呈しましたが、結果食べずに移動してしまうのです。何を求めて鳴いているのかが今でも分からない不思議なコイキー君なのです。

それでは、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ