外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

白黒ハチワレちょび髭柄レディ こまち お隣の方は誰?

komachi hello

こまち。TNR後のこまちにも時々会えているのが嬉しい。しかし、居る場所は自分で開拓したテリトリー近辺。以前家族と暮らした場所には少なくとも昼間は行っていないようです。この日は突然どこからともなく現れたこまち、焼きカツオを進呈したら咥えて車の下に入りました。するとそこにもうひとり白黒の猫さんが!え?どなた?こまちは全くカツオを譲る素振りがありませんでしたが、近くに居るのに威嚇しないのでこまちの子供のようでした。そしてなんと全く写真では判別できないのですがその後ろから黒い仔猫も登場しました。その仔猫はこまちが最後に産んだ子供ではないかと予想しています。でも、1匹だけだったのがちょっと気になるところですが。ちなみに初めて見た白黒猫さんはまだ成猫ではないようで、しかも男のコ。こまちは立て続けに出産をしていたのかなぁ?と思っているところ。


あにょ、小腹が

こまち あの小腹が空いてますの
空いてますの。って顔で見てくるこまち。なぜか撮るヒトには甘えん坊対応をしてくれます。猫には威嚇三昧の厳しいコ。

カツオ待ち

こまち カツオ待ち
早く出してくれませんかにぇ? 只今用意致しますからお待ちを(^-^;

咥えて走り込んだ車の下

こまちと息子猫
そこで食べるのねと車の下を覗き込んだら・・え?右のコ・・誰?(;・∀・)撮るヒトは初めて見たコ。生後半年くらいか?もちょっといってるかな?あら?後ろから黒猫の仔猫が走って来たー!後ろ足だけ見えてますw

お鼻の横に柄がある

こまちと息子猫2
右に居るコは間違いなくこまちの遺伝子が入ってますね。こまちをじっと見てますが・・で、仔猫ちゃんは右の子の背後に。でも全然見えない。

仔猫チェック

こまちと息子猫3
右の子が仔猫を気にしておりました。こまちは全然気にしていませんでした。

なんつー顔で食べてんの

こまちと息子猫4
こまちの顔が怖すぎるww 仔猫はこまちのボディの向こう側に移動。でもって、右の子分けてもらえないねぇ。こまちはこんな時譲らないんだなぁ。

お利口さんなのだね

こまちと息子猫5
右の子は大人しく座って仔猫を気にしていました。そんなに居るのなら追加投入してあげたら良かったのですが、この場所ちょっとうるさいので周囲の状況から断念したのでした。

黒仔猫こまちの近くにきてるけど

こまちと息子猫6
全然分からないですね。こまちの頭の向こう側にちっこい背中があるのですが・・。

右の子は男のコ

こまちと息子猫7
別日に確認したら右の子は男のコでした。しかし、まだ耳にカットは無し。もう少ししたら捕獲されるのかな?

ぺろんは食べたかったという顔か?

こまちと息子猫8
結局、右の子は何も食べていません。そして黒仔猫もほとんど写っていませんでした。撮るヒトが右往左往している間、こまちはただ食べ続けていたのであります( ̄▽ ̄;)


写真には撮れていなかったのですが、黒仔猫はまだ生後2ヶ月も経っていないくらいのちびっこでした。ただ走っていましたので元気ではあるようです。最初は右に居た猫さんがメス猫ちゃんでそのコが産んだのかと思いましたが、後日オス猫と確認したので結果こまちが産んだ子どもの様です。こまちはTNRされる時にお乳を吸われていた状態だったので最後に産んだ子供のひとりなのではないかと。でも1匹だけ?ただこの日もしかしたら黒仔猫が2匹いたようにも見えたので2匹なのかも。そして、すでに数匹はすでに保護されている可能性もあります。こまちを捕獲した際に一緒に入った可能性があるので。保護されているのならいいのです。以前、別の猫さんの産んだ仔猫は状態が悪かったのですが、母猫と一緒に捕獲されて治療してもらい里親さんが決まったと聞いているので、きっと同じように手配してくれるはずですから。TNRをするために捕獲しようとしても全員が都合よく捕まってくれないでしょうから少しづつ取りこぼしがあるのも仕方ないです。時間を掛けてそのうち右の子やこの日見た仔猫も保護されるのだと思います。それにしてもこまちは結構子供産んでいたんだねー(;・∀・)知らんかった。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ