外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

長毛キジトラボーイ マロンじゃないのでくり坊と呼ぶ

kuribou_face

くり坊。彼が現れてまだ数か月しか経っておりませんが、最初に見掛けた時から耳カットはありました。そして、離れた場所に以前居たマロンというコにそっくりだったのでしばらくはマロン似君と呼んでいたのですが、口元の色と目がやはり違っており、別猫さんという事がはっきりしたので・・クリ坊と呼び名を決めました!オス猫さんが多い場所なので、すぐに居なくなるかと思っていたのですが、もう3ヶ月以上は暮らしているのでここが気に入ったのでしょうかね?突然現れた割りに、すぐに外猫をお世話されているお宅前に居たので、ねこねこネットワークの情報を元に移動してきたのかもしれません(笑)この場所には時々そんな猫たちがやって来るのです( ̄▽ ̄)


もふもふ

くり坊 背中まるめて
この塊は・・どんな姿勢なのかしらん?ちなみにこのコはきょうからくり坊と呼ばれる事になったコ(^_^;)

だ、誰にゃ?

くり坊 誰にゃ
離れているので逃げませんでしたが、このコ人の目を見てきます。なので、以前も人にお世話になっていたようです。

こいちゅは無視するにゃ

くり坊 無視するにゃ
どこかで食事をした後でしょうかね?ぺろんとしていますから。

カキカキ

くり坊 カイカイ
そして、再び腰を下ろして首のところをカキカキ。君は長毛さんだからこれから大変だね

ムムム

くり坊 カイカイ2
毛束とかできてない?ブラッシング必須な長毛さんなので、毛の生え代わりがきになる(--)

まだこっち見てるにゃか

くり坊 まだ居るのか
そんな感じでこちらを見ていました。ちなみに、マロンと呼んでいたコに似ていたので半分期待していたのですが、決定的に違っていたのが鼻の下の口の周りが白い事でした。マロンは口元は全部茶色。目つきも違うと何度か会ってそう感じました。手足の短さや太さ、しっぽは似ていたのですがねー。

にゃらば・・

くり坊 立ち上がり
ボクの方から去るだけにゃ。

とてとて

くり坊 歩いてく
歩いて行かれます。

端っこが鉄則にゃ

くり坊 端っこが鉄則
猫らしく端っこキープで奥の方へ歩いて行かれます。左のお尻付近に毛束注意エリアが・・( ̄▽ ̄;)

振り返ってはあげないのにゃ

くり坊 振り返ることなく
一度も振り返る事なくフェンスを越えて更に奥へ消えて行ったくり坊。居場所はどこなのだろ?そっちは工事現場と更地しかないけれど・・。


長毛猫さんは梅雨の時期から夏にかけては結構大変そうですよね。家猫さんでしたら、ブラッシングやカットもして貰えますが、外猫さんは懐っこいコならブラッシングもできますが、それをしてくれる相手が居ないと色々と問題が出てきます。くり坊の年齢は不明ですが、他の場所の6歳の長毛さん(オス猫君)はすでに体に毛束をいくつも作っています。聞けば長毛さんの毛束・・皮膚が引っ張られて痛いのだとか。轢きっつった状態が続くなんて、可哀そうです。くり坊がそんな事にならない事を願いますが、目を合わせる事はできても全然仲良くはなれておりませんのでね(^_^;)今は勝手に心配しているだけです。猫さんの換毛期に撮るヒトがブラッシングする外猫さんはクロムとタンタルだけです。彼らは長毛猫さんではないので、単なるノミ・ダニ除去状態ですが、アメショミックスの兄弟なのでダブルコートの為、毛も大量に抜けますけれどね。しかし、本当にブラッシングが必要なのは長毛さん。考えてみると、なぜか撮るヒトの近くに居る長毛猫さんたちは揃って人懐っこくありません(;´∀`)長毛猫さんって警戒が強いのでしょうかね?で、くり坊がまだ若いのなら自然に綺麗に生え変わってくれるでしょう。5~6歳くらいから毛束になりやすいように思います(お外猫さんを見ていると)さてくり坊が今後どうなるか観察してみたいと思います(^_-)

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ