外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

シニアな黒猫クーロン 若猫クロムから吠えられるも負けてない

kuron_toungueout

クーロン。個人的に好きな感じののほほんとした猫君。過去とは完全に別猫となっていますが、これがクーロンの本当の性格なのでしょう。食いしん坊で呑気で物怖じしない・・聞くところによると10歳は確実に超えていると。しかし、彼の毛並みはすこぶるツヤツヤで肉付きがとても良い。見るからに若いのですがねー。ま、元気な事は良い事です。時々傷ができるのでバトルもまだまだこなしていそう。この日はバトルにはなりませんでしたが、アメショなクロム君がクーロンを見つけてやたら吠えていましたよ。そんな声どこから出るの?っという感じで撮るヒトが一番驚いたかも(;・∀・)全く響いていないクーロンでしたけれど(年の功か?)


食後のご機嫌な後ろ姿

クーロン 立ってる後ろ姿
ツヤツヤな毛とみっちりなボディを見せつけております。しっぽがこれまたかわいいのです(*´ω`*) お耳の後ろが白くなっているのはアレルギー(蚊)これからの季節は掻き崩してしまう事になります(毎年出血してます)

うまうまにゃった

クーロン 立ってぺろん
ミルク(成猫用)がいたく気に入っているクーロンはちゅ~るとミルク目当てで時々やって来ます。

そこへやって来た

クロム 登場
クロム。すでに警戒していますね

低い声で唸っています

クロム 唸っています
まぁ相手は年上なのだから・・。

猫社会のいろいろが

クロム 顔がコワイ
クロムをイラつかせております。なんだかよく分かりませんけれど(;^ω^)

上手に回り込んで

クーロン 目が点
知らん顔しているクーロン(笑)ボクは関係ないにゃ。

顔を合わせてしまいました

クロム 目の前にクーロン
クロム君、絶賛臨戦態勢となりました。うるら~!!

怯んではいなかったシニア猫

クーロンも負けてなかった
クーロン、全然引いていませんでした(・_・;)あら、これが時々出来る怪我の理由か?クロムを誘導して引き離したのですが、なんと・・その後距離をあけてはいましたがクーロンはクロムを尾行していましたよ(;´∀`)これだな。ケンカになる理由が分かった気がしました。


クーロンは少し小柄なコ、ただぽちゃりしているので小さくは見えませんが、クロムは骨格が大きいのでクーロンの1,5倍くらいはあります。そして、クーロンとクロムは以前近くに暮らしていたのでお互いを知っています。クロムがクーロンより若い事も分かっているはず。だからなのか、クーロンは全く引く様子はありませんでした。負けてる感じは全くなかったのです。撮るヒトがクロムを誘導しなかったらもしかしたらバトルが始まっていたのかもしれません。時々頭や首、肩などに怪我をしているクーロン、年齢的にも喧嘩ではなく皮膚が弱いだけかもと思っていたのですが、今回の様子を見てクーロンは喧嘩していると確信しました。全然、引かないんですもの。で、一旦離れてからの行動がまた微妙。しれーっと後をくいて来る。なので、相手も虫の居所が悪ければバトルになるように思います。マイペースな行動も喧嘩の種になるものなんですねー(;´∀`)

それでは、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ