外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

毎年海や川の事故のニュースを見る度に気が付く事

海と空

まだ7月中旬なのに東京は30度超えが続いて暑いですね~(^^;)
日中に外出すると外(アスファルトの上)では焼け死ぬんじゃないかって
くらいのジリジリとした暑さです。

さて、数週間もしたらお子様達、学生さん達も夏休みが始まりますね。
どう過ごそうかと楽しく予定を組んでいる頃ですかねぇ。

海水浴場が遊泳可能になり、川にバーベキューやキャンプに
行く季節・・プールも続々とオープンしてゆきます。
あー!楽しそう。
楽しめる時は精一杯楽しむに限ります。
でも、注意は怠ってはいけません。

そこで、毎年ニュースを見ていて気になっている事。
水の事故で亡くなった方の性別
なぜだか海や川、プール等の水の事故の犠牲者は圧倒的に男性が多いこと。
子供、大人関係なく・・・。
いえ、女性が全くいないわけではないんです。
ただ、海の事故、川の事故のニュースが流れる度に犠牲者が
ほとんど男性である事に気付くのです。
それも毎年その傾向に変化はない気がしています。
どうして、なんでしょうか?
助けるという行為をするのが男性だから?
本当にそうなのでしょうか? 川やプールの事故などでは
それだけでは納得できない事故も多々ある気がしています。

死亡事故は海でも山でも無いに越した事はないんですが・・
一度ニュースで見かけたら意識して見てみてください。
おそらく、今年も水の事故の犠牲者はほとんどが男性のはずです。

で、オカルトちっくに考えてみると。
水。。海や川は海外でも「女性」に喩えられていたりします。
海という名詞が女性名詞になってたり・・。
いやいや、でもギリシャ神話では海の神はポセイドン
ポセイドンって男性ですよね・・。ゲイなのか?(またバカな事を書いてます)
ちなみにローマ神話ではネプチューン(こちらも男性みたい)
日本神話においてもワタツミは男性風~だしな。
海のイメージとしては世界的に女性的にみる事が多いみたいなんですけどね。

以前、テレビの人気心霊番組でも海や川では男性を選んで
引きずり込んでいると言ってた人もいたし(^^;)
こ!怖い!元々苦手な心霊オカルト関係ですが、ただニュースを
見る度にホントに男性の犠牲者が多い事実を見ると
なんとなく、それも無きにしも有らずかな?って。
浅くて流れも穏やかな川で亡くなる方とかは
ほんとに不思議でしょうがない。

大人は海が危険で子供は川の方が危険らしいですよ。
赤ちゃんなどは10cm程の簡易プールですら溺死する可能性が
あるらしいですから、親御さんは数秒でも目を離してはダメですね。

今年もニュースを見る度に「また男性なのね・・」と呟きそうです。
水辺で戯れる予定の男性の方はどうぞ気をつけてくださいね。

季節ものなのでこんな話も書いてみました(^m^)
では、また!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ