外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

グレ白オットとサバ白クロム シャーと言われても逃げなかったオット

otto watching me

オット。いつもの場所で待っていました。そしてこちらを見る目は・・「遅かったにゃ」的な目。この場所、夏は涼しいのですが冬はとても寒い。少し移動すれば日当たりの良い場所があるのですが、そこには仲の悪い猫さんたちが居る事が多いので行けないようです(;´∀`) 猫たちの間にもトラブルは色々とあります。きっと発端は些細な事なのでしょうが、一度揉めると長引いたりもするようで、彼らが明らかに仲が悪くなってからもう8ヶ月以上は経っております。ケンカ相手の場所に行くよりも、寒い場所を選んでいるオット君。それが、この日は珍しく仲が悪くなってしまったクロムが近くに来ても逃げなかったオット。シャーと言われたのに、逃げなかったのです。オットはすこぶる体調が良かったのかな?


抗議のニャー?

オット ニャーと鳴いた後
微かにお口が開いているのは、鳴いた後だから。挨拶にしてはじとーっとしているのでやはり遅かったニャーと文句を言っているかのようでした(笑)

先導

オット しっぽ上げて前に
突然撮るヒトの前に出て先導するオット。オホホ・・またしっぽ上げてる(^m^)最近ちょいちょいしっぽをあげてくれる。

キリリ

オット キリリ
良いお顔で岩の上に乗ってポーズをきめちゃってます。しっぽをロープに絡ませてるのを見るとちょっと嬉しいのでしょうかね。

そこへ現れた

オットとクロム
クロム君。このコは普段はとても温厚な猫君。食い意地は張っていますけれど。あれ?オットが逃げようとしません。いつもなら早々に離れて行くのに。

おまえ何偉そうにしてるにゃー

オットとクロム2
クロムは撮るヒトを自分の担当だと思っている節があるので、オットの近くに撮るヒトが居る事も時としてムカつくらしいw。でも、クロムしっぽは絶賛上がってるんですね(謎)

フシャー!

オットとクロム3 シャー
と言ってるクロム。このコが威嚇をする事自体珍しい。怪しい猫が現れても様子を見る余裕があるコです。ま、あの優しいクラタン姉にゃんもある時からオットにシャーって言うようになったので(これには驚いた撮るヒト)なので、クロム姉弟にとって絶対やってはいけない事をオットはやらかしたのかもしれません。クラタンに添い寝しちゃったとか?(苦笑)

おー!一歩も動かんにゃー

オットとクロム4
多少でも避ける感じになると予想していたのですが、クロムがずんずん接近しているのに全く足の位置が変わらないオット。受けて立つ感じ?それともクロムはシャーと言ったけど何もしないと分かっている?撮るヒトも後ろに居るしww

ガン見されていますけど

オットとクロム5
体調が良くてちょっとくらいならバトルもいける感じだったのでしょうか?ふたりのしっぽも全く同じ状態。ほんとに仲が悪い?(;´∀`)

ここはボクの場所

オットとクロム6
オットはテリトリーの主張をしていたのでしょうか?クロムはこの後撮るヒトの足の間に入ってオットを睨んでいましたよ。バトルをするつもりは元から無いクロム。君は賢いものね。


クロムは男のコなのに、ちょっと賢いコ(メス猫さんは賢いコが多いですよね)人の言う事が少し理解できる感じ。過去にダメだよと言った事もずっと覚えています。例えば、遅れて出て来てまだ何も食べていない姉にゃんの食べモノを横取りしようとしている彼にあなたはさっき食べたからこれは姉にゃんにあげてくださいと言うと(分かるとは思っていませんがw)手前でじっと待っていたりします。別の日に同じシチュエーションになった時にクロム、姉にゃんにあげて!っていうと少し離れて姉にゃんが食べるのを見ている感じ。恐らく偶然なのでしょうが、少し驚くと共に聞き分けがよくて助かります。クロムの兄弟のタンタルも一度ダメと言った事を後々まで覚えてくれていたりします。そんな賢いクロムにとってはケンカは何の利点も無いと分かっているようです。そして、害のないニンゲンに撫でてもらったり、オヤツを貰う方に力を注ぎます。なかなか賢いコです(^^)なのでオット君はこの日は穏やかに過ごせたのでした。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ