外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

グレ白ハチワレブリショなオット トイレシーンを披露する

otto face serious

オット。キリリなお顔をしていますが、これはフードを完食した後のキメ顔でございます(笑)ふぅ~食べたニャ~~!と遠くの相性の悪い猫さんたちがいる方向を見ながらのキリリ顔です。最近色々と動きを見せるようになったオット君ですが、なんとこの日食べ終わってまた背を向けて人が通る通路に出て来たので何事かと見ていたら・・おちっこでした(笑)彼が人間を危険だと思っているのなら狙われてしまう危険なトイレシーンを目の前でするのかな!?もしや、少し信用してくれたからわざわざ見せてくれたのかなぁ?っとおちっこをされていながら少し嬉しかった撮るヒトなのでした(*´ω`)


食べ終えて

オット 食べ終える
別れ際の最後の最後にあげている粒大きめカリカリを良い音をさせて食べてくれたオット。そしてこのお顔。いつもはここでバイバイ~なのですが。

後ろ頭

オット 後ろ頭
個人的に好きなので撮っていましたら

歩き出した

オット 歩き出す
背を向けて移動するようだったので撮影を継続する事に

草むらに向かう

オット 草むらへ
遠くへ歩いて行くのかと思ったら目の前のグリーン違いへまっすぐ入って行きます。何?

ぐるぐる

オット 草むらでぐるぐる
生い茂る緑の上をぐるぐる~しつこく回るオット君

この動きは!

オット 草むらでぐるぐる2
猫飼いさんならすぐにピンとくる動きでございますね。

そこでいいのかえ?

オット 草むらで位置決め
位置が決まったご様子(笑)

目が真剣

オット 草むらでおちっこ
しっぽをゆら~りとなびかせています。こちらを睨みながらのおちっこターイムw

とっとと出て行く

オット おちっこ終わり
用が済むと素早く移動。変なところが俊敏なオット。お顔見切れちゃったし(^^;)

身軽になって

オット 走り去る
軽やかな足取りで走り去るまたまた後ろ姿のオット

そしていつもの場所で

オット ほんわりした顔
ほけら~なお顔でこちらを見るオット君なのでした。本日のメニューは全てお出ししましたよ。そにゃの!?


警戒が強いオット。彼の態度の変化は1年以上前になりますが、こちらの目を見て鳴くようになった事が最初の変化でした。今でもまっすぐこちらに来る事はありませんが、それでもやっとしっぽを上げてくれるようになり(もしかしたらしっぽが上がらないのではないかと心配になる程これまではしっぽは常に下向きでした)、そしてちゅ~るを手から食べてくれるようなり、毎回目の前にフードを出す際にちびっとだけ頭や体をタッチしているのですが、オット的には嫌みたいですが、少し前までは触ると飛び上がって逃げる際にフシャー!と言っていたのが今は迷惑そうな顔はするもののフシャーは言わなくなりました(^^)ほんとに僅かな変化ではありますが着実に変化はあります。ただ、とても時間が掛かっています(ここまで来るのに軽く1年以上)。撮るヒトが彼を気に掛ける理由は、完全にひとり猫である事で、居場所を変えているのでお世話人様が追い切れてないように思っているから。猫友も全くできないようですので(恐らくオットの性格のせいだと思います)食べられない可能性がとても高いと感じているから。近くに居る猫さんたちはだ友達と一緒だったり、兄弟猫だったりで、人懐こい振る舞いができたり、上手におねだりをする事ができるコたちなので彼らは何とか食べ物を得られると思っています。しかし、オットは全く人懐こくありませんし、顔付きもちょっと渋い顔なのでコワイと思われたりしているらしい(ご近所のペット可マンションのご婦人談)。そして体格がぽっちゃりしている為に食べ物は貰っているから大丈夫だと思われている節があって、そのせいで返って何も貰えなかったりする事もあったり。個人的に差し入れをしていて大食漢のようで実はそんなに食べる事ができていない様に感じています。なので、大雨の日でも濡れながら待っているのかと思うと、暑くても寒くても雨が降っても一応オットの空腹度の確認だけはしている今日この頃。それにしても、オットはウェットフードは飲み物だと思っているかの如く、数秒で食べ終わるのが笑えます(^▽^;)きっと横取りされる前に食べてしまおうという事なのでしょうかね。

それでは、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ