外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

邸宅裏 シピ 猫避けマットもなんのその

振り返るシピ

戸建てのお宅ではにゃんこに通過して欲しくない場所に突起が出ているあの”猫避けマット”を置いたりしていますよね。(ペットボトル攻撃は最近あまり見ないのでやっと効果がない事が浸透したのでしょうかねw)住宅が密集した場所などではお隣さんとの敷地の隙間がちょうど猫の幅だったりするので通過率が高くなるような気がします。当然猫があまり好きではない方もいらっしゃいますし、発情期の猫の声やおしっこやうんちは猫好きでもちょっと困りものです。

しかし、いろんな場所で外猫さんの写真を撮っているとけっこうあのマットの上に平気で寝ているにゃんこさんを見掛けます。葉っぱなどがマットの上に乗っているとちょっといい感じになるみたいですし・・。でも、私から見るとマットの置き方によっては(壁に貼っている場合など・・)毛づくろいにも使えるかもなぁ~と思う事もあります。(笑)セルフブラッシング用として・・。いえ、使っているシーンは見た事はありませんけれど(^^;)

ただ、あのマットは置き方によっては家の外観が著しく損なわれるのが残念ですよね。ステキなお宅にはあまり置かれていないのは美観の問題を優先しているんでしょうかね?


お隣さんは設置アリ

シピ猫避けマット1
シピのいつも居るお宅のお隣さんちには猫避けマットが敷いてあります。でもそれを避けたかんじで横になっているシピ。後ろにひっくり返ったマットがあります(土を掘る要領で避けたのか?悪いコ・・)しかし、マットが小さいとこうなるんですねぇ~って思ったりも。それより、あなた・・このお宅の方に見つかったら怒鳴られちゃうよぉ~(>_<)

眠いものは眠い

シピ猫避けマット2
ま、寝ちゃうんでしょうね。土の上は気持ちいいのにゃ・・・的な事でしょうw。怒られたらその時に対処する・・生き物ですなっ(笑)

振り返るシピ・・にゃんじゃこれ!?

振り返るシピ
にゃんこは固執した性格ではないのがステキ・・臨機応変にいろんな事に対処できますのよ。この場所は夜中に攻めるにゃっ!

縁側新設・・誘っているようにしか・・

縁側新設
偶然でしょうが、シピが寝ていた数日後に真新しい縁台が新設されていました。その周りには低い柵と植物が・・縁台の下には猫避けマットがありましたけれど・・全面という感じではなく所どころ。それにしても、この変化は猫が気に入りそうな事が満載で何とも突っ込みどころが色々と思い浮かんでしまいます。(苦笑)恐らく賢いシピは昼間は寄り付かないでしょうが・・夜は縁側の上で悠々と寝ちゃうつもりなのかもしれません。

ま、定位置は塀の上にゃ

塀の上のシピ
色々言ってもお隣さんのこの場所に固執している様子は全くないので、いつもの塀の上にいるのが安心なようです。(ここはお隣さんとの境にある塀)塀の上にトゲトゲしたモノを置かれていないだけ優しい隣人さんだと思います。人間も守りたい場所はありますからね。


猫多発地帯の住宅地の場合、猫に来て欲しくない場合はどうしたらいいのでしょうかね?戸建て住まいではないのと、基本猫好きなのでその苦悩は分かり兼ねますが・・家の外観を損ねないためにはやっぱり匂いの強い植物を植えるとかなのでしょうね。にゃんこも犬には及ばないもののかなり鼻が利きますから。一部のコを除けば柑橘系の匂いは苦手なコが多いので、ミントや柑橘系の匂いがする植物を植えるのが良いかもしれません。あと、小石サイズの砂利を敷くのも良いかも・・にゃんこには小石サイズだと歩きにくいと思います。(細かい砂利は返ってトイレに利用される可能性があるので、少し大きめの石が良いのではないかと思います・・でもこれも好きな猫が居たりするので効果の程は分かりませんけど。)白やピンクのきれいな小石サイズの小石サイズの砂利を敷いているお宅が近所にも数軒ありますが、そこでは猫を見掛けた事はないので、案外通過防止になっているのかも。どれも推測の域を出ないものですが・・(^^;)私ならあのマットを敷くよりはこれらを試すと思います(ま、猫好きなので真逆の”寄ってくること”を考える派なんですけどねww)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ