外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

まつ毛をふさふさにしたい人に朗報が♪

みぃちょまつ毛

(※猫にもまつ毛があるのですょ~!目のキワのところ・・)

病気の治療で色々と薬を摂取していると目的とは違った作用を見つけることが
ありますよね。
ま、ほとんどそれらは美容関係で注目される事が多い気がしますけど。

今回、緑内障の治療で使っている薬がそれらしいです。

薬名:グラッシュビスタ外用液剤(成分名ビマトプロスト)

緑内障は視野が欠けてゆく病気で両目で視野を補う人間の目の構造では
案外分かりにくい病気のようです。
そして、現状では完治することはできない病気の為、点眼薬等で
現状を維持する、又は進行を遅くするのがやっとの病気。
で、このグラッシュビスタと同じ成分の「ルミガン」という点眼薬を使用している
患者さんのまつ毛がふさふさしている事に注目したようです。

モニター調査なのか?170人にしようしてもらって8割近い方が
まつ毛の長さや量、濃さの改善を認めたらしいのでかなり効果が大きいようです。

エクステのトラブルやつけまつ毛のグルー(のり)によるかぶれなど
付属物に対する問題も出てきている中、もともとが点眼薬である為、
弊害は少ないとの事でした(そうは言っても万人に問題ないって事ではないでしょうが)
それでも、多くの人には朗報と言えそうですよね(^^)

副作用とデメリット

ちなみに、まつ毛をふさふさにしたい場合はまつ毛の根元に塗るタイプで発売予定のようです。
今のところの副作用は結膜の充血だけの様です。
(皮膚につくと色素沈着のため黒ずむと言う人もいるようですがモニター報告には
 なかったようで、記述はありませんでした)
デメリットは使うのを止めてしまうと元に戻るらしい事もすでに海外製品などを
使っている方の記述にありました。使い続ける必要があるのかもしれません。

上記の副作用、デメリットを考えても使いたい方は多いかもしれません。
すでにまつ毛ちゃんがなくなっている方にはワラをもつかみたいですもんね。
日本で認可されたものは希釈が薄いものらしいので結膜の充血くらいで
済んでいるのかもしれませんね。病院処方の理由はここにもあるのかも・・。
そして、年齢がゆくとまつ毛も少なくなる人も多くいるらしいので、
悩んでいる方は一考の価値がありそうです。
そんなお薬がもうすぐ入手できるようになりますよ~!

ふさふさのまつ毛はいくつになっても憧れですものね~♪

発売と購入場所とお値段

ん?このまつ毛のお薬は薬局で買えるのではなくて、
病院で処方してもらわないと買えないようです。(美容外科や眼科)
健康保険のきかない自由診療のため各医療機関で異なるらしいですが、
70日分が1万~数万円で販売されるそうです。
今月(2014/9)の29日には発売開始!

今は必要なくても、こんな薬もあると覚えておくといいかも~です(^^)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ