外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

サキもなってしまうのか?片耳が折れたメレンゲ 耳血腫っぽい

merenge one ear down

メレンゲ。この写真ではまだ気が付いていなかった耳の変化・・。猫ボラさんによって不妊手術を受けた、その印のカットが入っていた方のお耳がいつの間にか折れていました。恐らく耳血腫になったのではないかと。この病気の原因は色々とあるらしく、その中に耳ダニがいてそれが痒い為に掻いた事を起因に発症する場合があるらしいです。外猫さんの場合は他に病気が無いのなら耳ダニからの引っ掻き傷が妥当な原因かもしれません。実はメレンゲが暮らしているすぐ近くの猫さんも3匹ほど耳血腫のコがいました。別の場所でも耳血腫になった猫さんが1匹いたコロニーで、後日違う猫さんが両耳が耳血腫になりました。近くに暮らす猫さんたちに同じ症状が出るのは、耳ダニが感染し易いかららしいです。外猫さんはノミ、ダニが居て当然ですから(量の差はあれど)、耳ダニが居るコも多いのでしょうねー(´・ω・`)


お腹が減ってますにゃー!

サキ しっぽを立てて
サキ。キジサビの美猫さん。一度だけ出産しています。子供はメレンゲとマロンとプリン。マロンとプリンには随分会っていません。場所を移動したのか?保護されたのか?不明です。

みんにゃ~

他のコを待つ サキ
優しいサキちゃんは、自分の子供や友達に食べ物持ってるニンゲンが来た事を報せます。独り占めはしないコ(^^)

お腹減ってます!

目の前に来てニャー サキ
サキは普段あまりアピールはしてこないのですが、この日は余程お腹が減っていたようです。

まだですかにゃー?

真顔のサキ
美猫さんなのでつい・・シャッター押してしまいます(;^ω^)

かわいいのぉ~

サキの全体
ま、痩せてはいないのです(^m^)そして、茶トラのコルレが奥から出て来て、トッキーのしっぽも見えましたのでフードを準備し始めた撮るヒト・・。あ、トッキーたちの写真撮ってませんでしたw。

<撮るヒト移動:サキの居た場所から路地2本向こう側へ>

遠くの塀の上に

メレンゲ 耳折れ1
もっふもふのメレンゲ。サキの息子で今でも母猫と一緒に居るコ。サキの近くに居なかったので冒険中だったのかな?オヤツタイム終わっちゃったよー。ん!?何かいつもと違うよーなー。

ん?片耳折れてる

メレンゲ 耳折れ2
本猫の右耳が・・ぺこんと。あらららら。耳血腫?でも腫れている感じは無いなー。いつの間にそうなっちゃった?


メレンゲの耳折れの原因が耳ダニによるものなら、今でも一緒に添い寝している母猫サキにもそのうち移ってしまうかもしれません。メレンゲは以前より警戒心が強くなっていて、オヤツに釣られる事もなくなりなかなか接近できなくなっています。じっくり様子を観察する事もできません。メレンゲはゴージャス系なので誰か捕獲しようとしているんじゃないかと?(以前も通りすがりのカップルが追いかけていたのを見た事があります)触らせる事は無くてもお腹が減っていたら近くに来ていたコなのですが、今では顔を見るなり走って逃げ回るようになっています(;´∀`)もともと用心深いタイプのコではありましたが、最近は一層強くなっている感が。すでに高温になっているのに、まだ体毛も抜けきってなかったし・・。せめて触る事ができればブラッシングとレボリューションを付けてあげたい。(レボリューションは耳ヒゼンダニにも有効だと以前聞いた事があります)それにメレンゲたちは多くのワンちゃんが通るお散歩コースに暮らしているのでフィラリアも心配です。(レボリューションはフィラリアにも有効らしい)と色々考えてもそれ以前のお触りができないのでどうしようも無い・・ジレンマ(;´Д`)

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ