外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

邸宅にゃんこ ロシグレ君 セルフ猫転送

roshigurekun face

ロシグレ。俗にブルーと呼ばれている毛色をしているので、最初に会った時にロシアンブルーが出てきたのでロシグレ君と呼んでいるのですが、このコの顔や体型を見るとどちらかと言うと・・ブリティッシュショートヘアに近いようにも今更ながら思っています。ロシアンブルーの猫さんってスマートなコが多いですしね(;^ω^)ま、どちらにしてもミックスには違いなさそう。ロシグレ君はすでに高齢の猫君。素性は聞いた事はありませんが、彼の暮らす近所にはグレーの猫さんが多い気がするのは・・気のせいか?(片耳が折れているのは、耳血腫の為。それも、2度くらい再発しています。同じ耳ばかり・・)


フェンス下

ロシグレ フェンス前
お世話宅のガレージフェンスの下を行き来するこの場所のにゃんず。ロシグレ君はフェンスを出たところに横になっている事が多い。この日は真下に・・フェンスを閉じさせない作戦?(笑)

時には

ロシグレ お向かいのパーキング
お向かいのパーキングに居たりもします。ロシグレ君は後ろ足が弱って来ているのですが相変わらずよく出歩きます。

猫転送

ロシグレ 猫転送1
マンホール好き?転送されたいらしい・・( ̄▽ ̄)

ご満悦顔

ロシグレ 猫転送満足
全身をしっかりと丸の中に納めております。

基本の寝姿

ロシグレ お手て伸ばして
手足が短いのがこれまたかわいい・・。

肉球を拝見

ロシグレ 肉球アップ
もう少しあずき色が濃いかと思っていたけどピンクに近い色の肉球、シミみたいなが見られるのは重ねた年齢の賜物?(^_-)


温厚だと思っていたロシグレ君が先日迫り来るサビ猫(背中しか見えていなかったのでサビチッチだったか、サビーヌだったかは見分けが付かなかった)にイライラした様子でシャーハー攻撃をしていました。ロシグレ君の事を好きなサビ姉妹が接近するのはいつもの事なのに・・。どうしたんだろ?ロシグレ君にもイライラする事くらいあるでしょうが、あんな様子は初めて見ました。体調が悪いと性格が変化したりしますからねー。シニア猫さんを見ると小さな変化も気になります。ま、彼らはこれまでも自分で上手に切り抜けてきているのですから余計なお世話である事は分かっているのですが(^_^;)

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ