外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

ビンテージマンションとは値下がりしない中古物件らしい

housecat_estate

( あたちのお家はここなの。ビンテージなおじさんに保護してもらったのにゃ(^^) )

世間ではもくもくと不動産投資が盛んになってきたんですってね!?2020年のオリンピック開催が大いに関係しているのでしょうけれど。ま、個人的に特別感心があるわけではないのですが、本日読んだニュース、記事で、少し自分と関係がある部分があったので独り言など・・・。

プレジデントという雑誌の記事に「値下がりしない中古マンション」の話が書いてあり、一定の基準を設けてランキングを付けをしておりました。その話ののっけに渋谷区広尾にある「ガーデンヒルズ」の事がちらっと書いてありました。

あそこはもうそろそろ築30年ってところでしょうか?この物件は築20年経過した時点でも値段が下がるどころか2,3割上がっていたと書かれていました。
(今でも賃貸の場合の毎月の賃料は35万~80万くらいします。敷金が恐ろしく高かったような!? ここはほとんどが80㎡以上の広い部屋ばかりなので築年数があっても優良なので価格をキープできているようです)確かにあそこは良いです。建物や施設だけではない、周りの環境と合わせての価値でそれが言えると思います。

分譲マンションは(賃貸もされてますけど)利便性だけではない、街の雰囲気が実はとても重要。
記事には広尾ガーデンヒルズの場合、日赤病院と学校(聖心)があることがポイントみたいに書かれていましたが、それだけではありません。独特の街の雰囲気を作っているのは、そこに住む人だと思います。(過去に広尾に住んでいてその後別の街に住んでそうかんじました)

あの近所には色んな国の大使館職員の住む戸建てや高級なマンションがたくさんあります。家賃100万くらいのマンションに多くの大使館ファミリーが住んでいたりするのです。
(大使館の方は何かあった時の為にあまり自国大使館から離れては住まないんでしょうね)そんな人達が多く住んでいますから、自然にそれらしい空気とも言える「環境」が出来上がってくるんでしょうかねー。
実際とても、落ち着いた雰囲気があります。ちょうどその中心部にあのガーデンヒルズはあるのです。(もともとあの土地は日赤病院の一部でした)
お子様を聖心のインターナショナルに入れたいなら尚更最高の立地・・劇近です(苦笑)

そして、プレジデントの本編には興味深いランキングが色々と書いてありました。
ひとつ、参考までに、港区のものを転載してみます。
(築年数の条件を揃えてランキングされているとのことです)
(東京23区内の1棟20個未満、占有面積が40平米を除く16860棟が対象との事)

[港区のベスト5マンション]

~89年築のベスト5
1)南青山アパートメンツ(ツがポイント!)
2)有栖川パークヒルズ
3)ジュエル青山
4)パレロワイヤル南青山
5)ドムス元麻布

90年築~のベスト5
1)パークマンション南麻布
2)ホーマットロイヤル
3)六本木ヒルズレジデンスB棟
4)パークマンション六本木
5)元麻布ヒルズフォレストタワー

なんですって~。あなたのマンションは入っていましたか?(^^)
それにしても、やっぱりそうでしょうね~て物件ばかりではございます。(今まで問題が起こってないので確実に優良な建物みたいですしw)施工会社が偏っているかと思いきや、案外様々なんですね。鹿島、東急、間組、長谷川、佐藤秀(旧)、前田建設、大林組、戸田/フジタ、鹿島、竹中工務店(上記のランキングに書かれた順番で記載してみました。六本木ヒルズレジデンスは棟によって施工会社が違うんですね。A.B棟は同じで戸田/フジタの共同らしいです。パークマンションも場所によって違っていました。
このランキングの詳細には残念な中古マンションも書かれていたりするようです。気になる方は・・是非読んでみてください。

中古だけどオシャレな呼び方

ちなみにこれらの築年数が古いのに、価値の下がらない物件のことをワインになぞらえて
「ビンテージマンション」と呼ぶそうですよ(^m^)
でも、確かに良い物件は良い意味で熟して長く愛されているみたいです。
(個人的に好きな低層物件は総戸数が少ないので入ってなさそうです。都内の至るところに低層しか立てられない高級邸宅エリアがありますがそれらのマンションはカウントされていない可能性が大きいと思われます)

やっぱり重要な二重床

そして、以前「マンションの14階建て物件はどうなの?」の話を書いた時に出てきた「二重床」の話。
リフォームする際に重要だとの事でしたが、水周り等の配管取り替え問題にも重要みたいです。
中古マンションの場合すでに20年程経過している場合は配管などを取り替えなければいけなくなるそうです。でも!二重床構造なら床を剥がすことで、簡単に工事ができるのに対して、
直床の場合は大掛かりな工事が必要となって、最悪はマンションを建て替える必要まであるとか!これでは投資ではなくなりそうですよね(^^;)
鉄筋、鉄骨は50年は持つ(少し前は60年って言ってたのに・・10年も短くなってるしw)が配管は外壁が保たれている間2~3度くらいは交換の必要がありそうです。
古いマンションは水周りはホントに重要ですもんね。(水回りってやつは・・未だに配管の劣化を抑えられない難しい問題なんですねぇ)

この他にもマンションの維持は何かとお金が掛かりますねー。固定資産税もかかりますしねー。って全くもって関係のない私が心配することはありませんが。

そうそう、赤坂近くの億ションに住んでいたホステスさんが酔っ払ってしまっていたのか?自分の部屋にたどり着けずにエントランスのソファで着物を脱いで寝ていたという話を今思い出しました。豪華なエントランスのソファが自室と勘違いさせたのでしょうかねぇ(笑)
とにかく、良いマンションには良い住民が住んで頂いて・・良い街の環境作りに貢献していただきたいものです。

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ