外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

坂の頂上のにゃんこ カル ちんまりと香箱組んで

caru_koubako

カル。お世話宅の向かいのガレージの中でちまっとしていました。寒い上にコンクリートの上なのでさぞあんよが冷たいんじゃないかと。香箱を組んで対策していましたけれどね。お世話宅にはたくさんの毛布や寝床があるのになぜにこっち!?食べた後は別の場所へ向かうのか?仲良しの猫さんが亡くなってから、お世話宅から少し距離を置いているように見えるカル。猫だって好きな猫さんを失えば気落ちしてしまうのです。カル、元気出しておくれ~。一応冬仕様ボディにはなってくれているのであとはお世話宅でぐーすか寝てくれたら安心なのですがねー(。-`ω-)


車と並列

カルを発見
カルを見つけましたよ。最近ずっとおひとり様状態。昔はお友達たくさん居たのにね・・。

渋い顔をされておる

カル 渋い顔で
またあんたかいな・・みたいな(;^ω^)

そう言えば・・

カル 開眼
突然お目メぱっちり開いたのはこないだオヤツあげたのを思い出しのか??(・∀・)でも、またすぐに目を閉じちゃいました。きっとこれから食事だから別にコイツに貰わなくてもいいにゃ・・との判断か?賢い( ̄д ̄)


カルはひとりで過ごすようになってから、何となく悟った感が増したように見えます(^_^;)悟った感とは分かりにくい表現ですが、人に媚びる事もせず、甘えもせず、怖がる事もせず。。何だか無の状態とでもいいますか。それでもお腹は空くのですよ。なので食べる・・そして生きるのです。カルが元気になってくれたら嬉しいけれどきっとこんな感じのままなのかも。新しいお友達どころか知っている猫さんも(仲が良い悪い関係無く)どんどん姿を消していますから。寂しさが増しているのかもしれません。元気になれると良いけれど・・(´・ω・`)ちょっと心配なカル。でも、ふっくらしているのがちょっと救い。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ