外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

スタンド型掃除機 日立 PV-SU3購入♪

日立掃除機PVSU3

長年愛用したスタンド型の掃除機が、ある日電源を入れたら
「ブォン・・・」と最後のため息みたいなのを吐いて動かなくなりました(T.T)
長い間使っていたのでさすがに寿命だったかと(^^;
スタンド型なのにかなりパワーがあったので、買い替えの為パワー重視で探してみると
なかなか同等(又はそれ以上)のものが見つけられませんでした。

最近流行っている充電式のコードレスも検討しましたが、今まで使っていた
ものとパワーが格段に低い!それと充電式の掃除機の寿命が2年程しかない
という事だったので、一人暮らしには良いかもれないけどうちには向かないと判断。
我が家には全身毛に覆われた生命体が2名いますし。(笑)

かと言って、家庭用のごろごろと本体を引くタイプはマンションだと収納も厳しいので
結局スタンド型でせめて今までの同じくらいのパワーのあるものを探しておりました。
で、この日立のPV-SU3に行き着きました。

驚く事にこれって人気機種なのでしょうか?(そこまでは調べがついてなかった)
皆さん同じ考え(環境?)の方が多いのか?
電化製品にありがちな数ヶ月で値が下がる現象が来ない!ってかそんなに最近の
商品じゃないのに・・・。うちとしては早く掃除機買わないとにゃんこの毛変わり
(換毛期がぁ!)が始まる。
まぁ、消費税も上がった後なので、購買は落ち着いた頃だろうと思って購入。
なぜか、商品を調べていた時より(増税前)安かったのはラッキーでした(笑)
(色は何でも良かったのでこんな派手な色となりました、たぶん白の方が高かったようです)
そして・・・すぐに到着!(さすがニャマゾン)

開封の儀 (笑)

届いた箱は想像より小さかった(^^)p 期待高まる~♪

掃除機の箱

開けたらシンプルな部品構成の予感

掃除機箱開封

なんだか簡単に上の写真の通り組み立てができました!(^^)/

使用した感想

この掃除機はサイクロン式でフィルターには2枚重ねのティッシュさえあれば良いとのこと。
到着時にはすでにティッシュが装着してあるので、すぐにお掃除が開始できましたよ。

吸引仕事率 360w

→360Wの手応えありです。(ティッシュ非装着時の数値との別記あり)
前のが280Wくらいだったので充分過ぎるそして、3方向から吸う(前、横、斜め)かなり頼もしい吸引をしてくれます。猫の毛は軽いので舞ってしまうかと思いましたが、しっかり吸い取っていました。我が家は基本ほぼフローリングなので、もともと掃除はし易いです。絨毯部分もコツを掴めば以前よりも確かに吸ってくれています。

重さ 4kg

そんなに重いとは感じない!(前のヤツが重かったんだと思う)
前に使っていたものはヘッド部分が結構重かったのでこの商品についてはあまり重いとは感じませんでした。

小回り

普通に良いと思います。
ヘッドの吸引が前だけなく横と斜めからも吸うようになっているので、フローリングは楽チンでした。
首ふりヘッドというのが、初めのうちは慣れないのでヘッド部分が変な方向に向いてたりしましたが、手元をひねるようにするといいらしいです。また、絨毯やラグは薄いタイプは吸い付く感じがするので、足でラグの角を押さえて軽くすべらせればOKでした。何にでもコツは必要ですね。(笑)

便利で重宝している機能

取っ手部分を抜くとパイプが伸びる
これは結構ポイントが高かった機能です。うちの場合、椅子やソファの溝に猫の毛や埃が溜まるのでその部分を掃除できるのがとても良かったです。猫のベッドの掃除も同様。棚の中を掃除するのにも便利でした。ただそんなに長く伸びるホースではないので手元近くに置けるものなら使えます。うちでは、とても重宝しています。

フィルター

2枚重ねのティッシュでOK
先にも書きましたが、これは良いです。わざわざ買わなくて良いのですから、フィルターも探さなくていいし、買い忘れる事もないし・・・(笑)そして、水洗いできるのも良いですねぇ。どうしても、だんだんと汚れてしまうものなので時々洗えて、吸引力も戻れば嬉しい限りです。

その他

掃除を始める時にヘッドを足で押さえて床に付ける慣れと、電源スイッチがハンドル部分に無く、本体にあるのでこれも慣れが必要かと思います。電源スイッチはどうしてもハンドル部分にあると思い込んでおりますので、何度が探してしました(^^;


まだ、到着して数日なので今後気付いた点が出てきたら続編を書くつもりです。
いやぁ~、それにしてもこんなに優秀なのに安いものです。税込みで一万円しないんですから。
さっ、今日もはりきって吸って頂きましょー(^^)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ