外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

事務所ねこ もふキジ君 お耳の変化

もふキジ君車の上背中

あったかいのかな?(^^)車の屋根の上にちんまり・・いや、どっかりと座るもふキジ君の背中を発見しました。近寄ってもある程度なら耐えられるもふキジ君です(笑)甘えん坊そうなので撫でてみたいコの一人ではあるのですが、まだまだ触るのには時間が必要な感じです。で・・このコ お耳が変化しました。

耳折れちゃん

もふキジ君耳折れ
あらあら・・お耳大変だったのね。もう大丈夫かしらん?あなたは片耳が折れてもかっこいいですよ(^^)


前回会った時に気になっていたのですが・・お耳が折れてたっけ?と過去写真を確認すると先月のは写りがイマイチなのですが何となく折れてるかも!?(--;)これはおそらく耳血腫ではないのかしらん!?でも今は耳が腫れているようには見えないので、すでに治療(治癒)後なのでしょう。ふふ・・片耳だけスコティッシュちゃんになってしまったようです。長毛でキジトラ柄で後ろから見ると黒猫で、短いボワッとしたしっぽで、片耳スコちゃんかぁ。特徴満載だね(^m^)

耳血腫とは、耳の内側に血の混じった液体がたまって腫れてしまう状態。腫れた耳は触るとぶよぶよしている感じ。猫は痛みよりも違和感を感じる為に後ろ足で耳やその近くをかいたり、頭を振ることもある。原因は耳ダニ、外耳炎、ケンカなどの傷からの炎症など。治療は溜まった血を抜いてステロイド剤やインターフェロンを使う。薬で効果が無い場合は外科的対処もある。

耳血腫はねこさん事態は痛みなどなあまりないらしいですが、それでもぷっくりと腫れていたら相当違和感はあった事でしょう。それがなくなれば折れ耳ちゃんのままでも快適になるようです。知人のねこちゃんもこの病気で折れ耳ちゃんになりましたがかわいさは何も変わりません(^^)同じ柄の兄弟が居たので見分けがつきやすくなったと主さんは笑っていましたよ。でも、今までより耳のお手入れは増やしてあげた方が良いみたいです。再発しやすいらしいです。

それにしても、彼の原因は一体何でしょうね?お外暮らしなので耳ダニかな?それともケンカ傷?でも腫れていないから大丈夫そうではあります。しばらくは気にしてみてみるつもりです、またそのうちお耳が立ったりするかもしれませんのでね(^m^)

お耳がシャキーンの時のもふキジ君(過去記事)→「事務所にゃんこ もふもふキジトラさん」

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ