外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

外出自粛はみんな大変 外猫たちも異変を感じてる

flower pink lupinus

日本ではゴールデンウィークと言えば旅行に行く絶好の長期休暇、ですが今年はねぇ~(;´∀`)遠くへ出掛けられな事がこんなに苦しいとは・・なので、皆さんお住まいの近所をぐるぐるとお散歩する事で気を紛らわしているのでしょう。過去に類を見ない程歩いているファミリーやカップルの多い事。先週くらいからはスーパーもそんなに混んでいる感じはしなくなった気がします。それは恐らく小池知事の示された「お買い物は3日に1度くらいに」が功を奏しているようにも感じます。

公園はやはり人が多い気がしています。公園ではないのですが、大きな企業さんの敷地など広くなっている(公開されている場所)ような所には子供たちが走り回っています。本来なら注意されるボール遊びも短時間なら許してくれているようです。ただスケートボードやキックボード等で走り回っているお子様が多いのですが、設備に傷がつくこともあって注意されたりもしていますが・・。子供達はずっと家の中に居るのは辛いでしょうから適度に発散が必要です。親御さんはちょこちょこ外に連れ出す事になっているのかな?それができない場合もありますよね、だからなのか?近所で子供が絶叫しちゃっているのを多く聞くようになった気もしています。まー、大人だってげんなりなムード、小さな子供には理解するのも難しかったりするのでしょう。走って気が収まるなら走らせて、叫んで気が済むなら叫ばせるしかありませんが、ま、変な大人もいますから突然怒鳴られたりする事もあるかもしれません。そうならないように頑張っている親御さんも多いと思いますが、本当に大変だと思います。

で、現在は以前より猫さん確認ポイントを減らしての外出をしている筆者ですが、お外暮らしの猫たちにも変化があります。いつも居る場所にいなくなった事。以前は人が少ない場所だったのに、現在の状況で人が増えた事が原因のようです。以前は朝と晩の通勤通学時に人が来ていたような場所なのですが、今は時間関係なくひっきりなしに人が通過するようになっているからではないかと。そして、子供が増えたのは更に彼らには問題で、姿が見えると追いかけて来るので逃げる事に。それが繰り返されれば移動しますものね。子供達がボール遊びをすればその音もコワイようです。大声を出されるともっと怖くなるのが猫さん。以前の静かな状態にはなかなか戻らないと思うので、しばらくは彼らを探す感じで対応しています(;´∀`)
会えた時には声を掛けつつ・・「大丈夫かーい?痩せてない?以前のようにちゃんと食事できている??」っとボディチェックも念入りに。少し痩せてきているのは換毛期と季節だけのせいではないようにも思えたりするのでオヤツは多めにあげてみたり。

別の場所では、昼間は全く猫さんがいなくなったところもあります。そこは狭い公園なのですが、ひっきりなしに子供がやって来ています。以前は近所のサラリーマンのお茶飲み休憩スポット的な場所でしたが、現在は子供たちがキャッチボールや、サッカーボールを蹴ったりと、たまにファミリーで何かワケの分からん遊びをしていたりと(苦笑)そこは住宅地の公園でとても狭いので音も響くので猫さん的にはコワイだけになっているようです。まるで順番待ちをしているかのように(誰も居ないと使うだけですが)入れ代わり立ち代わり子供たちや小さな子連れの家族など子供が遊ぶ場所になってしまったようです。その場所でお昼寝したりしていた猫さんたちはほぼ全員少なくとも昼間は姿を見せなくなりました。それは良いとか悪いではなく、仕方の無い事。別にも居場所はあるはずですから。

そんな変化も感じながら、途轍もなく影響の大きなこの未知のウィルスに翻弄されています。
そしてこの状況は昨日延長が確定してしまいました(^▽^;)とにかく終息までがんばるしかありません。

以上、

お付合い頂きありがとうございました(^^)

 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ