外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

やっとオヤツに興味を持った仔猫 生後6ヶ月頃の変化

flower tulip pink

外猫さんの話。母猫と一緒の場所に暮らしている仔猫。オスの2兄弟。もう生後半年を過ぎたと思われる仔猫たちはすでに母猫から子離れ宣言されたようで、最近は母猫の近くに居ても微妙な表情をしながら距離を置いて見たりしています。今でも同じ場所に暮らしていますが、母猫は次の出産を控えている為(お腹が大きくなっている)尚更子供たちを避けているようです。この2兄弟はつい最近までなぜだかオヤツをあげても全く興味を示しませんでした。あのちゅ~るでさえも拒否していました。匂いは嗅ぐものの「この軟弱な物体は何にゃ!?」っと迷惑そうな顔をしながら去って行く。兄弟共通の対応でした。他にも仔猫が居るので取り合いになるかと思っていたのですが、他のコたちが食べていてもいつも見てるだけでした。

しかーし、時が経つと体の成長と共に色んな事が変化するようで、ある時からひとりは果敢におねだりしてくるようになって、もうひとりはおねだりはしないけれど目の前に置かれるとゆっくりとしっかり食べる様に。10匹以上の猫さんが居る場所なので他のコたちは競争しているみたいに食べるのですが、ひとりはその競争にも参加するように。もうひとりはまだ競争には参加しませんが、やっといろんな食べ物に興味を持つようになってきています。この兄弟は態度もオヤツ拒否も含め少し変わっていると思っていたので何となく安心しました(別に変わっていても良いのですが・・)ただのスロースターターだったようです。仔猫は生後半年くらいから体は勿論、態度や活動、嗜好も変化するように思います。大人し過ぎる仔猫だと心配な方がいたら生後半年くらいまで待つと変化があるかも。勿論、体調に問題が無い事が明白な場合ですけれどね。

面白いのはおねだりをしてこないやっとオヤツを食べてくれるようになった猫君ですが、仔猫の時、異常に大きい体をしていました。生後半年前にすでに母猫より体が大きくなっており、食べ物に興味が無いわりにずっとふっくらしていました。それでも、手足が体と比べるとまだ大きいのでこの先もっと大きくなる可能性も秘めております。オヤツも食べるようになったのでこれからバージョンアップなのかもしれません(笑)

過酷なお外暮らしで、仔猫で、食べ物に興味のない猫さん、予想では母猫が長くお乳を吸わせていたんじゃないかと・・。仔猫の時から大きかったのはずっとお乳飲んでいたからだったのかも?2兄弟なので兄弟間でお乳の争奪戦も激しくなかったんじゃないでしょうか。お乳をお互い思う存分飲めていたのかもしれません。少なくとも飢餓状態は経験していないと思われます。それはそれで幸運な仔猫。

余談ですが、母猫のお乳は後ろ足に近い部分のお乳がたくさん出るらしいですね。なので、顔の近くのお乳を吸う仔猫より後ろ足のお乳を常に飲んでいるコは大きくなるのかもしれません。おねだりしてこない猫君はずーっと後ろ足近くのお乳を一日中飲んでいた可能性があるなー( ̄ー ̄)と思ったりしたのでした。

生後半年くらいで色んな変化がみられるようになった仔猫のお話でした(^^)

お付合い頂きありがとうございました。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ