外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

歌舞伎エリア ナリコマ君のふわふわしっぽを追う

fluffy tail of Narikoma

ナリコマ君。この日も元気そうなナリコマ君はふわふわなしっぽをちょいと上げながらお世話宅に向かっていました。ブラッシングしたくなる毛質ではありますが、触れる人はいるのかしらん?全く人馴れしていないと聞いておりますので(;^ω^)

ナリコマ君はお世話宅に戻る際に細かく色んな場所に寄り道をしておりました。にゃんこはみんなそんな感じなのでしょうかね?ひょいっと方向を変えるのでそっちに行ってしまうのねーっと思っていると何もせずにまた戻り、意味があるような無いような遠回りをしていつもの場所へお座りしたり。落ち着かない性格なんでしょうかね(笑)


フェンスを抜ける大きい猫

フェンスからナリコマ君
にゃんだ・・おみゃーか。

興味はにゃい

ぷいっと背を向け歩いてゆくナリコ
さ、お家に帰るにゃ・・と見せ掛けてこの後右に瞬間移動をしたナリコマ君。不思議ちゃん。

結局戻る

突然反対側にでも戻るナリコ
特に匂いを嗅いだり、塀の隙間を覗いたりもせず・・何の意味があったのやら。

戻ると見せ掛け立ち止まる

しっぽの先を上げてナリコ
道路の真ん中でじーーっと立ち止まったりなど。んーー( ̄ー ̄)不思議ちゃん。

すんなり帰らんなー

遠回りしてお尻だけのナリコ
お世話宅を通過して向こう隣りの植え込みへ・・。お尻だけしか写ってませんでした(;・∀・)

お気に入りの給湯器上めがけ

給湯器をめがけてナリコ
やっとお世話宅の塀に来たナリコマ君。この場所のにゃんずに人気のスポット、給湯器の上を見ています(^^)

着地のしっぽ

成功した太いしっぽのナリコ
ちょっとだけ太くなっておりますね(^m^)

玄関近くでちょこんとな

ぐるりと回ってちんまりナリコ
帰りに再び覗いてみたら・・玄関の方に周ってきておりました。なかなかじっとしていないナリコマ君なのでした。


珍しい事がありました。近所では全く人馴れしていない事で有名なナリコマ君なのですが、帰りに会った時初めてナリコマ君の方から近づいて来てくれました。ど、どした!(゚д゚)と思いつつも・・ただ見つめるだけでしたけれど。それでも、かなり嬉しかった撮るヒト(#^^#)恐らく、ご近所の別のお世話宅の方と間違ったのではないかとは思います。いえ、それで良いのです。他の場所でも最初は完全に人間違いで近寄ってきたにゃんことその後仲良くなれた実績がありますので( ̄▽ ̄)。近寄って来てくれるなら人違いも大歓迎でございます(^_-) ナリコマ君は今までは逃げはしないだけでしたが、やっと次の段階の近寄って来るという時期に入ったかも?っと勝手に思っています。まー、次はきっと知らんぷりでしょうけれどね(笑)

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ