外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

キジ白ボーイ フォックス お耳はまだギリギリセーフ

fox eating see ear

フォックス。6月の初めのお耳はまだ出血もなく、それを確認してほっとしてオヤツを進呈したら食べてくれたフォックス。食欲はしっかりあるのでこれまたひと安心。毎年6月くらいから蚊のアレルギーで耳から目の周りのお顔、手や足まで大変な状態になっていまうフォックス。こんなに症状が重いコは他には知りません。3年程前は最高に危険な状態でした。その時は他にも体調にトラブルがあったのか?毎年春先はまだふっくらしているコでしたが、その年は春に痩せ始めており、夏になると更に痩せていました。木の上で寝ていたりしたので足腰に力は入るようでしたが全身の毛がまだらに抜けて地肌からは出血していて痛々しいを通り越してこのまま逝ってしまうのかも・・と思った程でした。しかし、その年は涼しくなるのが少し早かった年でギリギリセーフでした。その時の経験からなのか、翌年はたっぷり栄養を摂っていたようで例年以上にふっくらして夏を迎え、アレルギーも軽症でした。昨年も何とか切り抜けました。今年も軽症で済む事を願っているのですけれど・・。


カリカリより

フォックス ぺろん
ちゅ~るや柔らかい食べ物の方が食べ易そう。口内環境も良くないのかもしれないなぁ(´・ω・`)

警戒

フォックス 遠くを見る
上の方を見ていますが、そっちには苦手なオス猫君たちが居るんだよねぇ~(^_^;)

前方

フォックス 前方を見る
この方向には仲良しのサビ猫のラコちゃんが居るので出てこにゃいかなぁ~っと思って見てたのかもしれません。ラコは出て来ませんでした。

振り返ると

フォックス ちょっと移動
いつもは食べたら満足していなくなるのですが、ついて来ておりました。足りなかったのかな?外猫さんは時々お腹がすごく減っている日があるようです。

もっとにゃーー!

フォックス もっとにゃー
はいはい・・(;^ω^)きょうは特別にちゅ~る2本進呈しますよ。味は・・貝柱入りのヤツ!これ他の猫さんからはとても人気あるみたいだからフォックスもきっと好きだよ(*^^*)


カリカリを食べていても、痛そうな素振りがあるワケではありません。痛い場合は食べている時ににゃっ!とか声がでちゃうみたいですがそれは一度もありません。食べにくそうと思ったのは歯が無いので噛まずに丸飲みしており、それが時々喉につっかえている様子があるので。ウェットやちゅ~るは舐められるので食べ易そうというだけです。たくさん食べておかないと痒みが激しくなった時の体力が持たないでしょうから、この時期からはフォックスに会うとたくさんのフードをあげるようにしています。6月は彼も一生懸命食べています。この調子なら乗り切れそうです。頑張れフォックスーー!!

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ