外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

困っている人を目の前にして・・その無関心さに驚く

white small flower

筆者がいつもの様に猫だまりの銀ちゃんたちが居る場所に向かっていた時の事。離れた場所から猫の銀ちゃんが居るかなー?っと見ていたら、その手前におじぃさんが路上に座り込んでいてそれを女性が支えているのが見えました。銀ちゃんたちがいつも居る場所は奥にある急な坂道、その手前に少しだけ緩やかな坂道があります。その道路上にそのふたりは居ました。

遠くから見えていたのは、女性がおじぃさんを支えているのだけれど、おじぃさんはなかなか立ち上がれず、もがいている様子。で、見えているので当然走ってお手伝いに向かいましたよ。結局、筆者はほとんど役には立ちませんでしたが(^▽^;)どこをどう支えて良いのか分からない感じだったのです。先に居た女性に支持を仰ぐも全く役立たずでへなちょこなヘルプになってしまいました。

つーか、その間に若い男性が数名通過したのにも。。関わらず、脇をゆっくりと通過した車のおっさんも車止められるにも。。関わらず、なぜに誰も手伝おうとしない!?というか、チラッと見ただけで前を向くという、無関心もいいとこ!びっくりしながら、ちょっと引いてしました。世も末・・。

実は支えていたこの女性はおじぃさんの身内(知り合い)などではありませんでした。ただの通りすがり。綺麗でスマートなハキハキとした女性でした。結局、その女性と筆者の女二人では持ち上げる事ができなかったので、お手上げ状態になってしまったのですが、(このおじぃさんはけっこう体が大きかったのです。上背もあり少し太ってもいました。そして左足にほとんど力が入らない状態で腰が立たないような感じにも見えました)色々と立てるように試していたその女性でしたが、上手くいかず、しばらく休憩しつつ考えていたら、おじぃさんが自ら体を横に引きずりながら近くの塀まで行きなんとか立ち上がってくれたのでした。そして、歩ける状態となりゆっくりと歩いて去って行かれて、この場を解散したのです。いや、近くを歩いていた男どもよ。。車のおっさんも!君らは人を助けようという気はないんかいっ!(ーー゛)人として何かおかしくないか?(怒)

ちなみにこの優しい女性・・とても力持ちだった事にびっくりしましたよ。「代わりに少しの間おじぃさんを支えていて貰えませんか?」と自分の持っていた荷物を下ろしたかったようで、代わりに少しの間だけ支えてみたものの(あら?何?これはかなり重い・・支えきれるのか?アタシ!と焦ってしまった程)脱力した人間の重さを思い知る事に(苦笑)この女性によると、歩いていたおじぃさんが転んだので様子を見ていたら、立ち上がれなくなっていたので心配になり手助けをしていたとの事でした。「お知り合いなのかと思ってました~、女医さんか医療関係者さんなのかと思っちゃいましたよ~」と全く役に立たずに申しわけないとお詫びを言いながら・・(苦笑)その彼女はおじぃさんに「怪我はしていないですか?」っと最後まで気遣う言葉を掛けていました(もしかしたら本当は医療関係者さんなのかも!?)。とにかく素晴らしい!この女性は本当に素晴らしい人でした!

なので、尚更・・見て見ぬふりをした無関心な男どもにイラ~っときたのでした。最近の”男”(少なくともこの時に見た数名の男性は)は”漢”ではありませんでした(-_-メ)恥

ちょっとイラッとしたというお話でございました(^^ゞ

white small flower face
凛として。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ