外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

クラタンとタンタル 姉猫が大好きな弟猫 姉の対応はクール

kutan and tantal

クラタンとタンタル。仲良しな姉と弟、もうひとり弟のクロムがいつもは居るのですがこの日は欠席。クラタンは最近お気に入りの木の上に居て、下りてきたところにタンタルが少し離れた木の下から出てきました。タンタル君はとっても姉にゃんが好き。切ない程頭の天辺を擦りつけたりします。会えばすぐに姉にゃんにスリスリしに行きます(^^)でも、姉のクラタンの対応はクール。嫌いなのではなくて、これからのオヤツタイムに限り、タンタルの場合は横取りがすごいので自分がゆっくり食べられないからなんじゃないかと(^^;)ちなみにクラタンはタンタルより1歳年上なのですが、まるで母みたいな態度で弟たちをあしらっているように感じる事があります。一緒に居る時間が長いので親子みたいな関係になっているのかも、弟たちは甘えん坊なので夜添い寝をする時とか甘えまくっているんじゃないかと(^m^)


アタチココ(ナタデココみたいなw)

クラタン 木の上
クラタン。この日も木の上からの登場(^^)

下りて来たら出て来た弟にゃんこ

クラタン下へ タンタル出て来た
クラタンが木から下りて来たら手前からタンタル坊やが・・まっすぐクラタンに向かって歩いて行きました。クラタンの姿を見つけるとすぐにスリスリに向かうタンタル君。

おねぇ~にゃん♪

タンタルクラタンの元へ
好き好きオーラを出しながら(しっぽを上げて)近づくタンタル。クラタンは来にゃいでいーにゃーとでも言っているのでしょうか?(;´∀`)そー言わんと。

ちょい避けちゃう

クラタンちょい避ける
クラタンは毎回そうなのですが少し避けるんです(^^;)あ、でもクラタンの短いおしっぽも上がっているます!

スーリスリ

タンタル頭をクラタンに付ける
クラタンの後ろ足にお顔をくっ付いて甘えているタンタル君。かまってあげて~クラタン~(;^ω^)

反応がイマイチ

クラタンの反応イマイチ
そっけない態度を取るクラタン姉にゃん。決して嫌いなのではないのです。しかし、撮るヒトが見ている時はいつも同じ対応をしているクラタン。タンタルのしっぽは最高にアップしているんですけどね(悲)

並んで召し上がる

クラタンとタンタル 並んで食べる
この場所のコたちは猫ボラさんが個別にお食事を進呈しているのか?基本は自分の前に置かれたフードを食べる感じです。

並んで召し上がる2

クラタンとタンタル 並んで食べる2
早食いのタンタルには量を多めに、そうするとクラタンがゆっくり食べられるのでございます( ̄▽ ̄)

クラタンのお代わりを

クラタンのお代わりを
タンタルにもお代わりのカリカリあげたのですがねー。すぐに食べ終えてクラタンの分を横取りします。実はクラタンは好き嫌いが少しあるので彼女の好きなものを置いたのですが・・。ほぼクラタンが食べたのでギリギリセーフかな?

いつもの事ですにゃ

クラタン 諦めて
毎回横取りをされても一度も怒ったしないクラタン。挨拶時の対応はクールでも結果的に優しいクラタンなのです(*´ω`*)

ご馳走様にゃ

クラタン ぺろん
満足そうにしていたクラタン。この日は別の方にもオヤツを貰ったのかもしれません。あまりおねだりは激しくありませんでしたし。

それじゃ、アタチは行きますにゃ

クラタン アタチは行くにゃ
小腹は満たしたのでまた次回よろしくですにゃ・・。

どこへ行くにゃー

クラタン 階段を下りてタンタルが見る
ついお姉にゃんを追いかけてしまったタンタルでしたが、立ち止まって何かを考えているようでした。

ボクはまだ食べるにゃ

タンタル 戻って来た
どうせ夜はまた一緒に居るのでしょう。タンタルは食欲が旺盛なのでまだ食べる気で戻る事にしたようです。焼きカツオもっと食べたいにゃーー。ほんとにたくさん食べるタンタル君です。


クールな対応をしていても実際はいつも一緒に居るので仲良しな姉弟。弟たちは体も大きいので食べる量も多くなります。クラタンは横取りされても母の様に優しい目で自分の分を譲っています。クラタンは個別のファンが居るようでちょこちょこ通りすがりのご近所さんから色々と差し入れされて食べているようです。ただ、悪天候が続くと食べられない時間が長くなるようで大鳴きしてアピールしてくる事もあります。ザーザー降りの日にお腹が空いたよーとずぶ濡れで出て来た事があるので大雨でもこの場所を通過する時はにゃんこフードを持って出るようにしている撮るヒト。緊急事案には対応せねばっ!雨が上がればまた食べられるのでしょうが、いつになるか分かりませんものね。雨の日に会った時は傘の下で食べてもらいます。この場所に雨をしのげる屋根が欲しいといつも思っています(階段の下とか体が濡れない場所はあるのですが、人が濡れずに居られる場所はありません。どこにも屋根が無いのです(泣))

それでは、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ