外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

黒猫クーロンとグレ白オット また明日来ますからにゃ

otto funny face

オット。悪そうな顔で見ているのは・・黒猫のクーロン。オットはいつも葉っぱの中で横になって待ってくれているのですが、クーロンは鳴きながらどこからか出て来る感じ。出て来る時はずっと鳴いているので登場がうるさいのです(笑)なので、オットがこんな顔で見ちゃうのです。この日は随分と離れて食べているふたりですが、最近は割りと近くで食べる事ができるようになっています(^^)
オットがクーロンを信用し始めたようなのです。信用も何も・・クーロンは害のないマイペースボーイなだけなのですが、やっとオットもクーロンが呑気な猫だと最近分かってきたのかもしれません(^m^)


ボク居ますにゃ

クーロン現る
クーロンが登場。毎回”ボク居ます”アピールがすごいクーロン(笑)鳴きながら走って近くに来てくれます(^^)で、下に居るオットを見ています。

あにゃ・・また来てるのにゃね

オット クーロンを見てる
オットがクーロンを見ております。どう思っているのか聞いてみたい。オットはクーロンがここに来るのが良いのか悪いのか?

フギャー!

オット 雄叫び
オットも食べる前はそれなりに鳴いておねだりしてきます。このニャーはクーロンに向かって言っています。元気ですかー?ではなさそう(;’∀’)

食べるその1

食べるオット
オットは早食い。ウェットフードはほぼ丸呑み。カリカリはちゃんと噛んで食べるのですけどね。

食べるその2

食べるクーロン
クーロンはとにかくたくさん食べる。お世話宅で食事を貰っているはずなのですがねぇ~(;^ω^)

うまうまにゃった

食べ終わったクーロン
好き嫌いがほぼ無いクーロン。とにかく、何でもよく食べます。ミルクも大好きでオットが残したミルクまで飲んでくれます。

ごちそうさまにゃ

クーロン 見てる
明日も待ってるにゃ!撮るヒトともちゃんとアイコンタクトしてくれるクーロン(^^)

食べたら隠れるにゃ

隠れる オット
オットは食後はいつも手の届かない場所まで下がってグルーミングを始めます。残念ながら食べる前のお手てタッチくらいしか触れ合えません(;^ω^)

ちみもたくさん食べたかえ?

オットをチラ見するクーロン
クーロンはオットをよく見ています。それは警戒しているのではなくて、気にしてくれているような感じ。

また明日来るからにゃ!

クーロン また明日にゃ
ちみもボクちんと一緒に来るかえ?って感じで見ているようにも。クーロンにはお世話宅があって簡易ハウスまであるのです。

バイバイにゃ

オット クーロンを見送る
ボクはここに居るのがいいのにゃ・・寂しくないのか?でもきっとベタベタしたりするのは苦手そうだから、ひとりでいる方が気が楽なのかなぁ。


オットがそんなにクーロンを嫌ではなさそうになったのは、クーロンがある時からあまりオットに接近しなくなったから。30センチくらいは距離を取るようになったのです。オットは猫が苦手な猫(苦笑)それを探知したっぽいクーロン。以前はグイグイ接近していたのですが、突然あまり近づかないようになりました。するとオットは返って自分から近くに座ったりしたりできるように。クーロンの対応のお蔭のようです。それでも、挨拶したりするわけでもなくて・・オットはコミュ力が低いのでなかなか打ち解けられない感じなのです。それでも、クーロンの底なしの食欲のお蔭でオットはひとりではないのが撮るヒト的には少し安心。オットはずっとひとり猫で人懐っこくもないので心配だったのですが、人懐っこいクーロンが居る事で別の差し入れもゲットできる可能性が出たのでそれだけでも良かったなぁと。愛想の良い猫さんなら人気猫になりやすいのですが、オットはとにかく不愛想なので(^▽^;)そして、怖がりなので逃げ回ってしまう。なので、知っている人からしか食べ物を貰わない。それでも、クーロンの知り合いならオットも気を許すかもしれませんからね。オットの猫見知り、人見知りが解消されることは期待できないので、クーロンに希望を抱いている撮るヒトなのです。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ