外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

キジ白ハチワレ レオ太 ジグザグ歩行とケンカ傷

reota looks at me

レオ太。すでに焼きカツオを1本まるっと食べ終えたレオ太。もっと食べたいようで近くでずっとこちらを見つめていました。鼻の近くにまたまた爪跡が(;・∀・)傷が少し深いので相手のパンチは強力だったようです。もぉー、ケンカすると危険だっつーのに!ま、未去勢君なのでシーズンが来るとどうしても縄張り争いで揉めてしまうのでしょうね。早く保護されんものか・・(´・ω・`)
この日は神社の裏の駐車場から参道へショートカットで向かおうとしていたレオ太の後ろ姿からスタートします。このコは坂道を上がって来る時にジグザグに歩いて来ましたよ。体力を消耗しないよう動く程お腹減っていたのかな?(;・∀・)


神社の裏

レオ太を発見
社務所の裏側へレオ太が入って行くのが見えました。呼んでみると・・レオー!

来てくれる

レオ太 戻ってきた
あいちゅ知ってるにゃ!焼きカツオにゃ・・いえ、人間ですけど( ̄▽ ̄)

カツオ目的

レオ太 まっすぐ
お腹減ってるのにゃ・・と食べる気満々で来ております。

左へ~

レオ太 左へ
あ、そっちから来るのね・・

スンスン

レオ太 左へ2
そう思うにゃろ?

くるりと向き変え

レオ太 くるっと右へ
え?右から来るん?

ま、見ておきたまえにゃ

レオ太 右行きながら見る
そこを動くにゃお!と見ながら歩行するレオ太。

スンスン

レオ太 スンスン右へ
体はがっしり体型になっております。体が長いレオ太(^^)

またまた

レオ太 また方向を変える
くるんと方向を変えてジグザグに歩いてきました。坂道を楽に上がる方法として斜めに上がるのを知っているのか?賢いのか?自然の世界では当たり前なのか?

お座りして

レオ太 お座り
コワイ顔をしてこちらを見ておりますが、強がっているだけ。レオ太がこの先もひとりで生きていくのかと思うとちょっと不憫。

1本ぺろんと

レオ太 焼きカツオ食べた
焼きカツオをまるっと食べるのはいつもの事。レオ太の好物のひとつの様です(^^)

お代わり待ち

レオ太 お代わり待ってる
車の下に移動してお代わりを待つレオ太。まだ持っているはずにゃ・・。

顔の傷

レオ太 顔の傷
鼻に深めの爪跡。首や体にはそれらしい傷は無かったので鼻筋の傷だけで済んだようです。首や頭の後ろに傷があると膿んでしまったりして危険ですが、鼻の引っ掻き傷だけなら心配はありません。レオ太もケンカ慣れしてきたのか?致命傷を避けるワザを見つけたのかも(^_-)


時々会えるので様子が分るレオ太、ケンカ傷は絶えないけれど本当は甘えん坊なかわいいコ。幼い時期から放浪しているのは、母猫に子離れ宣言をされ仕方なく独り立ちしたのか、人に捨てられたかのどちらかでしょうが。以前はよく鳴いていたレオ太も最近ではほとんど鳴かなくなりました。広範囲を巡回しているせいか、猫ボラさんにも捕まらないようです。そのせいで季節が来ればまた他の猫さんのテリトリーで嫁探しをしてバトルが起こるの繰り返しのような。保護されて欲しいコですが、どんどん生粋の野良さんになりつつあるレオ太。でも、困ると神社の猫ボラさんを頼る、やっぱり甘えん坊なレオ太。過去の写真の日付から推測すると彼は現在4歳半くらい。外猫の寿命は怪我や病気があると家猫に比べるとぐんと短くなります。大丈夫なのか?レオ太よ。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ