外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

神社猫 ナチャの横に・・・見えるもの

神社猫ナチャと木の根っこ

この写真は(↑)つい最近SNSにアップしたもの。
ナチャが木の根っこに上手くホールドされて目を閉じて座っている写真。

そしたら、これをご覧頂いた数名の方から同じコメントが入りまして・・
(海外からも同じ様なコメントがありましたので世界共通?)

茶トラのナチャの左側の木のコブがねこに見えるって・・え?(@ @;)
(アザラシって意見もw)


少し拡大してマークしてみました。

木のコブをマーク

如何でしょう?見えますか?
私には・・・見えました!
もちろん、指摘を受けて気が付いたのですけどね(^^;)
確かに見える!寄り添っている風にもちょこんと座ってこちらを
見ているようにも~。


過去にかなりの数の猫が居たこの神社・・きっと、守り神として
木に宿っているのかもしれません。
木は本当に猫たちを守ってくれていると以前から思っていました。
雨、風、陽射しから・・そして寒い冬には落ち葉でふかふかのベッド
も提供してくれています。(残念ながらすぐに人間が片付けちゃうんですけどね・・)
この神社の木はほとんどが保存樹となっている太くて大きな素晴らしい木ばかり
何百年も昔から人間だけではなく、猫たちの事も見守ってくれている
に違いありません。

まるで心霊ちっくな?でも単なる目の錯覚のような写真。
これを聞いても全く怖くないワタクシです。
だって・・猫にしか見えないんですものぉ~(^^)
それに木に宿っているなんて少しあり得るのでワクワクしてしまう。
今度行ったら、実物をよ~く見てみたいと思った私であります(笑)

っと、ちょっと不思議な写真でしたのでご紹介まで。

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ