外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

大使館についてふと思った事

camellia_benikarako

日本国内にある各国の大使館。大きな大使館やこじんまりとした大使館。いろいろとありますよね。以前働いていた事務所がロシア大使館の近くでしたので一度だけ中へ入った事があります。仕事ではなく、詳細は忘れてしまいましたが、近隣の住民などが入る事のできる催しものか何かをしていて、事務所のスタッフと興味半分に行ってみた感じでした。見る事ができたのは、ほんの一部分でしたが、高い天井、壁のクロス、連々と並ぶシャンデリア、掛かっている絵画などさらりと見だたけなのに、とても豪華な部屋といった印象がありました。個人的にはもっとゴテゴテしているのかと思ったらスッキリした落ち着いた雰囲気の豪華さでございました(;^ω^)

アメリカ大使館は馴染みの方も多いかとは思いますが、以前土地の賃貸料の未納問題がありましたね。赤坂の広大な土地を破格の安さで借りておりましたが、日本政府が10倍程値上げをする事を提示したことに反発したものだったとの事ですが、10年間も不払いをして抵抗。日本政府は法的措置も検討していたらしいですが、その後段階的に値上げをする事を合意し、滞納分も支払ってこの問題は解決したようです。ただ、段階的に引き上げる賃料も他の国有地を借りている国の価格と比べると安いらしいですけれど。

日本国内にある各国の大使館は、都内の中心部に多く所在していますよね。そのほとんどは国有地を借りているのだとか、フランス大使館は麻布という好立地にありますが、当初は借りていたようですが、途中でフランス政府が一括購入した土地なので自前なのだそうです。土地を購入している国は少なく、ほとんどの国は日本政府から借りているようです。

先日、東南アジアのある国の大使館を建造している場所を通過していましたら、建築が・・あの!「佐藤秀」と出ていました。かなりお高い建築会社ですよね。寺院仏閣等も手掛ける凄腕の会社でかなり有名です。(過去に一度民事再生適用となりましたが、再び復活した会社)腕が良くもちろん値段もお高い。有名どころの建築会社より高いとの噂も。しかし、それだけの信頼に値するものがあるのでしょう。で、そんな凄腕の会社が作っていた大使館が・・どう考えても経済的に豊かな国ではないのです(少なくとも今は)。ただ、東南アジア各国はここ数年はGDPも上がってきているので昔に比べると豊かになっているようですが、それにしても現在でも日本の3分の1程の物価の国。土地は他の国同様に日本政府から賃貸しているとしても、狭いとは決して言えない土地に佐藤秀の建築。大使館は本国の資金で建築されると聞いていたのですが。少し違和感を覚えました。その国から日本に来ている人はどう思うのかなぁ。こんなに豪華な施設を造る資金があるなら・・と思うのか?自国の豪華な建物に誉を感じるのか・・?そりゃ~変じゃない方が良いとは思いますが、あまり豪華過ぎると同国の人間からも反感を買いそうな気もしますが、どうなんでしょう?よく分かりません。建設費なども日本政府が何か支援しているのかもしれません。

大使館というとビザの申請やランドマークとして場所を教える時くらいしか一般人には関係ない気がしますけれど、色々とイベントを行っていたりするものです。自国の事情で中止になったり変更されたりする事もあるので注意が必要ですけどね。好きな国の大使館には一度くらいは行ってみたいと個人的には思っております。建築やインテリア、絵画、庭など見所は満載でございます。フランスやイタリアの大使館の敷地には日本の歴史上の重要な場所があったりするらしいのですが、さすがに歴史あるヨーローッパのお国柄のお陰で、大切に保存されているらしいですよね。そんなこんなで、フランス大使館とイタリア大使館はじっくりと見たいと以前から思っていましたが、なかなか行くチャンスに恵まれません。是非近いうちに行ってみたいものです。

ちなみに平成25年(2013年)8月の段階で日本には153の大使館及び駐日欧州委員会代表部(EU)があるそうです(外務省HPより)日本が国と認めていない場合は大使館はないのですが、総領事館だけがある国が13程あるらしいです。大使館と言うと”治外法権”・・がすぐ頭に浮かびます。日本にありながら日本の法律が及ばない場所。国によってはその土地に入る際には十分注意をしないといけません。うっかり入って捕まるだけではなく、有無も言わさず撃たれる国もあったりなかったり・・(子供の頃に聞いた噂w)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ