外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

キジ白母娘 ケイとオーロラ いつも近くに居るふたり

kei watching me

ケイ。お目メ・・大丈夫かな?撮るヒトは見ていませんが腫れたらしくお薬を貰って飲んで(食事に混ぜて)いるそう。優しいお世話人様(猫飼いさん)にも触らせないらしくなかなか治療は難しいらしい。体力はありそうなのですが、聞けばそろそろ7歳になるそうなので今後が心配ではあります。
そして、この日も娘のオーロラは近くに居ました。ほんとに仲の良い母子です。ふたり一緒に居てくれるだけでにんまりとしてしまいます(^^)


遠くから

遠くからケイ
ふっくらしたものが見えましたよ。ケイ(母)です。

接近しても

逃げない ケイ
逃げません。近所の方に可愛がられているので誰が危険で誰が平気かを記憶しているのだと思います。猫さんは記憶力良いですから。

鋭い視線

視線厳しい ケイ
周りを見る目は厳しいです。悪い方のお目メ、もう見えていないのかな?(´・ω・`)

めっかったにゃ

オーロラ 嫌そうな目
オーロラはとても臆病。綺麗なので近づいて来る人も多いと思いますが、まー母猫同様にこのコも触れないらしい(^_^;) せめてお世話人様には身を委ねても良いのに。

ゆっくりじろーり

オーロラ 目付きが笑
ゆっくりと視線を母の方に向けるww よく見ると面白い顔になっています。

ママ確認にゃ

オーロラ 母を見ている
近くにケイの姿があるのを見てホッとしているオーロラなのでした(*^^*)


お世話されている方が仰っていたのですが、娘のオーロラは母猫にとても依存しているらしい。なので、母猫がいなくなったりしたら大変だと。やっぱりそうなのかーっと納得。いつも母猫の背後に隠れていたりするのでそんな気はしていましたよ。そしてまたケイがとても強そうなんですよ。常に娘を守る気満々に見えちゃう。他の場所では母猫は娘たちにシャーシャー言って親離れを促すのに、ケイは今でも娘を守っている感じがあります。普段はお互い好きなように動き回っていますが、夜はふたりでぴったりとくっ付いて寝ていそう(見た事はありませんけど)ひとりじゃない事はお互いの精神的なところに大きな安心感をもたらしているようです。それはどちらかがいなくなると残された方にダメージが大きく出ると言う事ではありますが、そこは純粋な生き物なので何かを悟るのかもしれません。10年以上母猫と一緒に暮らしていたあるオス猫(甘えん坊でした)は今ひとりで生きていますが、母が居なくなったことは理解しているように見えます。勿論寂しいでしょうが、悟っているかのように淡々と生きています。人間よりそういう点では上をいっていると思っている撮るヒト。そうは言いながらも仲が良い親子なら少しでも長く一緒に過ごして欲しい。2歳の年の差なんてあってないようなもの。元気で長く一緒に・・。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ