外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

キジトラボーイこい太 兄猫を華麗にスルーで父猫と対峙

Koita staring his father cat

こい太。車の下に居るこい太、こい太の背後に見える白いボディにシマシマしっぽは弟のアイス。それを左から覗いているのは彼らの父猫と思われるオンブレ。こい太は何を思って父猫を見ているのか?不思議な表情をしていました。
この日は兄猫のコチュ君がお外に出て来ていました。すぐにこい太を見つけたコチュ。いっちょおどかしてやるにゃ!と背後からそーっと接近するもすぐに気づかれ、そしてなんと全く興味すら示さずにスルーされちゃいました(笑)何か叫びながらいなくなったコチュ(^m^)で、こい太が見つけたのは父猫のオンブレ(父猫とは分かっていないと思いますが)。オンブレは流石に広範囲を放浪するちょっと年季の入った猫さんなのでこい太もいつもとは違った目付きでオンブレを見ていました。とーちゃんだよ!って教えてあげたいけど、言わずとも何かを感じ取っているようにも・・。


ちびが居るにゃ、脅かしてやるにゃ

コチュが密かに接近
( ̄▽ ̄)とした顔で接近しているであろうコチュ君。このコ結構子供っぽいんですよねw。もう1歳半くらいのいい大人猫なのですが(^m^)

すんなり気付かれ

コチュ 気づかれた
あにゃ・・見つかっちゃったにゃ( ̄ー ̄)

挨拶する気なんだろにゃ

コチュ こい太が来るのを見てる
ちょっと期待しているのか?兄だしね。

しっぽだけはピーン

こい太しっぽ上げてコチュをスルー
コチュはスリスリをされると思って待機してたかな?(笑)が、しかーし!

華麗にスルー!

コチュ困惑 こい太前だけ見る
コチュ兄の事、全く眼中にない様子のこい太。どして?ならばなぜしっぽを立てておる??(謎)

うぉりぁーー

コチュ うにゃーと逃走
荒ぶった様に見えるコチュの逃走の図。弟のこい太に相手にして貰えずに怒って去って行ったようにしか見えない流れなのですが、実は背後にコチュが苦手としている父猫のオンブレが来た為に彼は逃げているのでした(;^ω^)

パパだにょ

オンブレ 覗き込む
車の下を覗き込むオンブレ。少し前からオンブレはさくらが産んだ子供のひとりを追いかけるのを度々見ています(´・ω・`)。先日も追いかけていましたが、仔猫が箱に逃げ込んだので何事もなかったのですが、他の仔猫とは確実に違う目で追いかけています。何がしたいんだろう?っと不思議。

カッコイイと思っているのか?

こい太 オンブレを見つめる
こい太は威嚇をするでもなく、馴れ馴れしくするでもなく。どんな思いなのか?オンブレもこい太に威嚇も何もせずただ見ていただけ、いや、実はこい太の後ろに居るアイスを見ているオンブレ。オンブレが異常に追いかけるのがアイスなのです。なんでだろ?ほんとに不思議。そのうちアイスのお尻を噛みそうな感じすらしています(;・∀・)


オンブレの異常なまでのアイスへの興味は何なのか?たぶんアイスはオス猫だと思っているので、自分のDNAじゃないと感じるものでもあるのか?いや、たぶんアンタのコ。アイスにそっくりな兄猫をさくらが生んでいるからそう思っている撮るヒト。以前ケンカを売られていたオンブレを見掛けた事があるのですが、戦いは避けて逃げる事を選んでいたので賢いコだなーっと思った記憶があります。でも、今彼は仔猫のアイスを追いかけ回しています。ハッ!もしかしたらアイスは女のコなのか??オンブレが過去追いかけていたのは全てメス猫。男同士のケンカよりも繁殖活動の方が得意なオンブレはアイス(近親猫だのに)を狙っているというのか(;´∀`)無い話ではないな・・ってか、案外それが正解なのかもしれないなー。(*´Д`)ハァーなんだか溜息出ちゃう。このままだとどんどん増えそうなオンブレ一族でございます。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ