外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

三毛猫れもんと茶トラ息子 まだ甘えたい仔猫とレア対応の母猫

ginger kitten

茶トラ息子猫。れもんの最初で最後のベイビー。早くに子離れ宣言を発したれもんは茶トラ息子が見える場所に出て来てからというもの一貫して無視している事が多かったです。ミルクもあげるのを拒否していたのか、息子君は毎回恐ろしい形相で食べあさっていました。他の猫さんが横取りに来ると唸って叩いてしまうほどでした(;´∀`) ミルクと離乳食が半々であろう時期から(人が育てた場合ですが)ミルクはもらえていなかったようです。とにかく、カリカリもウェットもミルクも底なしにがっついていました。
で、珍しくれもんママと茶トラ息子が仲良くしているっぽい図が・・撮れたのです。んが、そんな親子っぽい様子はこの日だけとなりました。しばらくすると茶トラ息子君は猫ボラさんに保護をされて家猫修行へと向いました。
ちなみに、いつも気になっていた茶トラ息子君の鼻の穴の黒さ(笑)保護してもらって医療も受けているのできっと今は綺麗なお鼻になっていることでしょう。猫風邪で鼻が詰まっていたっぽいです。それでもすんごい食べていたという成長期の息子猫君でした(^_-)


塀の上に並ぶのは

れもんと息子 塀の上並ぶ
れもんママと息子君。実はとても珍しい。れもんが嫌がるのを何度か見た事があります。塀の上はれもんだけのテリトリーだと思っているのかも?

怒らない日

れもんと息子 塀の上並ぶ2
そんな日もあるのでしょうね。息子猫君は横向いちゃってますけどw

仔猫はすぐに気が散る

れもんと息子 塀の上並ぶ3
息子君今度は上を見ちゃってますね(笑)仔猫らしくて良いです。れもんは微動だにせずじっと撮るヒトを見ていました。

向い合って食べる

れもんと息子 向い合って食べる
これも珍しかった。他の猫さんが塀の上で食べるのはれもんの母のミクくらいでした。息子君は何度も追いやらていたのですが・・この日はOKだったらしい(^^)

接近

れもん 息子に接近
息子君が接近。でもれもんは怒っていません!きっと息子君もドキドキだったはず。良かったね(^_-)

挨拶中?

れもん 息子と挨拶
お互いクンカクンカ。親子で何を確認しているのだろ?(;^ω^) 健康チェックかな?息子猫君のお顔がかわええ~

この時とばかりに

れもん 息子ぐいぐい
息子君がグイグイいってます。お?れもん少し舐めてあげている!?スバラシー!

完全に甘えているお顔

れもん 息子甘えとる
息子君の表情が可愛すぎる。泣きそう・・良かったね。れもんママどうしてきょうはそんな感じなのかえ?ずっとそんな感じで接してあげたら良いのに。

案外シレーっとしている

れもん クールな対応
結果的にこうなっちゃうれもんママなのでした。息子君は側に居られるだけで十分嬉しかったに違いない!


母猫が子供に威嚇する様子は仔猫がどうしても不憫に見えてしまいます。それが猫の世界の当然の流れだと分かっていても、実際子供たちは、母猫に「フッシャー!」と言われると「にゃんで?」っと困惑の表情をしていますから。これが家猫の母猫さんならまた親子の関係も違ってくるのかもしれませんが、少なくともこの場所の母猫さんたちは自分の子供に威嚇する時の顔はめっちゃ怖いです( ̄▽ ̄;)仔猫的には心折れるかと。それでも、優しい兄、姉、兄弟がいればまだ救われます。茶トラ息子には同世代の仔猫が居たのが救いでした。現在の家猫修行でも、人より猫が好きだと聞いているのでそれは同世代の猫さんと触れ合っていたからかもしれません。息子君にはもうひとり兄弟が居たようですが、生後2カ月は迎えられなかったようです。なのでひとりっ子。でも、年上の猫さんたちや同世代の仔猫が複数いたので通常より早い子離れも切り抜けられたように思います。もう、ずっとのお家は決まったのかなぁ?そうだと良いな。茶トラオス猫は甘々度が高いと聞くので早々にそうなって相思相愛のファミリーに出会って欲しい。そして、安心して、楽しく穏やかな暮らしをして寿命を全うしてくれたらそれが一番。れもんも早い出産で戸惑っていただけかもしれないけれど、息子君をどうにか育て上げました。そしてすでにTNRされて今もお外に暮らしています。新しい年も塀の上でひとりお食事をしていたれもん(下では横取りされるので食べないだけw)れもんもこの時まだ1歳3ヶ月という若さ。れもんもまた長生きして欲しいものです。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ