外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

白黒仔猫 マスク 後ろ足の異変 落下か事故か

mask injured

マスク。こまちの息子。ちっちゃい時から活発で走り回ったり、威嚇しまくったりと落ち着きのなかったコ。成長してもそれはあまり変化はなく、ただただ元気なやんちゃボーイでした。食い意地も一番と言っていいほど強く、走って来てフードを咥えて隠れて食べては戻ってくるという効率の悪い動きを繰り変えしてしまう、とにかくじっとしていないタイプでした。っが!この日変な鳴き声が遠くから聞こえるもその声は留まったまま・・他のコ(兄弟たち)も動きが変でした。するとお世話宅の奥の方にあったプラケースの中にマスクが居ました。しかし、様子がおかしい。後ろ足が・・えっ?事故にでもあったのか?っと足を確認するも何かくれーー!っとすんごい要求してくる(;´∀`)いや、あんよが痛いから鳴いてたんじゃ?ま、先に食べとこ!っと焼きカツオをマスクだけに1本進呈してその間にあんよの状態を確認。出血ナシ!後ろ足両方に問題があるのではなく右足(腰?)あたりが変な感じ。傷は全く無い、肉球の色・・ピンクで分かり易くて良かった、血は通っているようでした。血流がなくなると肉球が白っぽくなるはずですがピンク色でしたから・・。どうしたのか?高い場所から落ちたのか?それとも車にぶつかった?轢かれたのではないようです。骨折なのか?脱臼なのか?この日は後ろ足で立つ事はできませんでした(´・ω・`)


いつもの様子

マスク 怪我する前
マスクの睨む顔を撮った日、何も変化はかったのに・・数日後に大変化が!

わちゃわちゃ

ミーティング 3にゃん
まるで集まって話し合いをしているような コルビとこい太と上にホット

何だろ?

ミーティング 3にゃん 2
みんないつもと様子が違う感じがしました。コルビが兄のこい太に何か言ってそー。ホットは飽きてるw

大きな声が聞こえた場所

こっちでもミーティング2にゃん
声の近くに行ってみると・・ここでもミーティングにゃんず。アイスと手前は年長の兄モノ太。ここでも何かを話し合っているような感じ。

奥から悲壮な声が

こっちでもミーティング2にゃん 2
アイスの背後に鳴き声の主がいます。アイス:大変な事になりましたにゃ・・。アイスの後ろみ見えているしっぽはコルビのしっぽ。

鳴いていたコ

マスク 一杯鳴いてほけ
マスク。さっきまでぎゃん鳴きしてたのに近くへ行ったら大人しくなりました。ほけーって顔で空を見てます。

心配そうに

兄弟がマスクの近くに
コルビは何度もマスクの近くに行ってました。心配しているのだと思います。コルビとマスクは兄弟です。

あんよが動かないにゃ

マスク ジッと見る
後ろ足・・左に流したまま。上半身だけでプラケースの中を左右に動いていました。痛みもあるだろうに、それでもオヤツは食べたいらしく、焼きカツオをちぎってあげるとぺろっと完食してくれました。食欲はあるようです。これは良い兆候!!

むくりと体を上げて

マスク 上半身は立てる
この姿勢でプラケースは滑る感じで動く事ができるのでこの状態だと都合が良いらしい。体をチェックしてみましたが、傷や出血は見当たらず、右側の腰から後ろ足付近に違和感がありました。しっぽや足もじっくり見ましたが見た目は問題なし、これは骨折?両足ではなく片側(右)だけに問題があるようでしたが、この日はここから出て来る事はありませんでした。

2日後:近くに来た!

マスク 2日後
びっこをひきつつもやって来たマスク。立てたんだ(・∀・)スゴイ回復力。いや、前日に来てみたときに姿がなかったので、ソラママが病院へ連れていってくれたのかもしれませんが。。やはり足ではなくて腰のあたりに問題がある感じ。

腰の骨がぼこっと

マスク 2日後 2
腰の部分にぼこっと出ている部分があります。そしてその近くがぺちゃんこになっている感じも。左はふっくらしてました。2日しか経っていないけれど、何とか動く事はできるようでした。トイレにも入ってました。排泄と食事ができるなら回復は早いのではないかと期待!

ここ

右腰のアップ マスク
少しでも栄養にとエナジーちゅ~るとささみを特別に進呈。なのでずっと口が動いてる(笑)腰の一部分の骨がぼこっと出てるとこ気になる。これは脱臼?骨折?しっぽは普通に動いていました。

更に数日後

マスク また数日後
随分とマシにお顔も元気そう。みんなはちんまりしているけどマスクだけ食べる気満々でございますw。あれからまだ4,5日しか経っていない時ですが、随分動けるようになっていて安心したのでした。


マスクはまだ仔猫(成長中の生後半年過ぎ)なので、軽い骨折(脱臼なのかもしれませんが)は病院へ行っても処置は痛み止めを出される程度が多いようです。猫はあのごろごろ~の微振動で骨折を治すらしく、ナント!人間より3倍程早く骨折が治るんだとか。骨折した場所と程度によるのだと思いますがそれはレントゲンで診断してみないと分かりませんけど。マスクは少し骨がずれたようにも見えましたので骨折ではなかったのかも。とにかく、悪化せず動けなかった日の翌々日には何とか動いていました。とにかく肉球に血流があったのを見た時は少しだけ安心していましたが、こんなに早く動けるとは!何があったのかは分かりませんが、運が良かったのかも。結局2週間も掛からずに普通に歩いてジャンプもできるようになっていました(*´ω`*)
マスクがこの状態になっている時、他の猫たちはマスクに優先的に食べさせる様子がありました。撮るヒトの邪魔をほとんどしてこなかったのです。横取りもせずマスクを気遣っている事を感じました。特にアイスはいつでもどこでも横取り三昧なのにこの時は仕方ないっと諦めているような顔をしているのを何度も見ましたよ。元気な猫さんというのは具合の悪い猫と老猫には優しいんですよね。その優しさでマスクはたくさん食べて早く元気になれたのかもしれません。結果的に回復したのでハッピーストーリーとなってほんとに良かったです!!

それでは、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ