外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

黒猫 モノ太 君のお家ではあるけれど・・やっぱりお外なのね

monota on the shelf

モノ太。物置の上から下を見ております。おぉ~!珍しくお家に居たのね・・と思ったけど、やっぱり外なんですよ。なるべく部屋の中に居ておくれよ。心配になるからさー(;・∀・)ま、遠くに居たわけではないのでおっけーという事で。
実は入りたくても入れない(飼い主さま外出中)でドアが閉まっていただけなのでした。でも、実は裏の小窓からも入れるはずなのですがねー、モノ太はドアから入りたいのかな?拘りでもあるのでしょうか?猫さんって実は細かい事に色々と拘りがありそうですものね(^m^)


ドア前

ドア前のモノ太
入れなかったのか?こちらを見つけて軽快にターンを決めちゃったモノ太(^-^; ぺろんはどーゆー意味?君食べないじゃんw

構っておくれにゃ

構ってくれと来るモノ太
甘えん坊気質ゆえ・・知っている人(猫好きだと分かっている)を見るとついスリスリしてしまうモノ太(*´ω`*)

棚の上に登頂

物置に乗った モノ太
たくさん撫でて満足すると、突然警備業務を思い出したようです(笑)

後ろ確認にゃ

後ろを気にするモノ太
ドア前の最終確認か?知らぬ間に戻ってたりするものね(^▽^;)賢い!

道路確認にゃ

道路を気にする モノ太
細い道路なのですが、恐ろしく車が通ります。危険だよねー。子供も多い道路なのに。

キリリと良い顔で

下からお顔アップのモノ太
警備は任せてにゃ!な感じの頼もしい顔で道路を再度見ていましたよ。一緒に暮らしている他の猫さんの帰りを待っていたのかも。


愛嬌があってとても綺麗な毛並みと顔をしているモノ太。飼い猫になったのは、仔猫の時に怪我をした時に今の飼い主さんが病院へ連れて行ってくれたから。怪我が治ると同時に去勢手術やらその他の医療ケアをしてめでたく家猫に。しかしその時からすでに外に出していました。しばらくしたら今度は背中に原因不明の膿の溜まった大きなこぶができて、それで再び病院へ。それは治るのに思いの他時間が掛かったのですが、切開して洗浄を何度かしてもらって、その後は再発ナシ。イマイチな動物病院で高額過ぎる金額を支払った飼い主さん。お金が有り余っているらしいので全然おっけー(笑)少し病弱だったモノ太はすでに2度も苦難を乗り越えています(まだ2歳なんですけどねw)お世話になった飼い主さんにはいつもかわいく甘えて感謝を表現しています。っが、毎日ほとんどの時間を外で過ごしているよく分からんモノ太です(^▽^;) ま、元気で居てくれたらそれで良し!です。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ