外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

ワンコとお散歩するおばあちゃん ある変化に気が付いて

pink rose in November

筆者は・・にゃんこの写真を色んな場所で定期的に撮っています。すると、段々とその地域の人に顔を覚えられ声を掛けられたり、挨拶したり・・そして話込んだり(^^;)ワンコをお散歩させている方は猫の事も好きな方が多いと感じるのは、近所の色んなにゃんこ情報を聞けるのがこのワンコママやワンコパパのお陰だからなのです。筆者は話し掛けられやすいのか?不審者に見えるから声を掛けて様子をみているのかは不明ですが(苦笑)小さな子供からヤンキー風のお兄さんや、きれいなお嬢さんや、ご年配の方々、外国の方にもフツーに話掛けられます(^^ゞ自分でも驚く程の幅広な年齢層です。勿論、こちらはウェルカム状態なので時間が許せば暗くなるまで話しております(笑)仲良くなって・・美術館へお誘いを受けたり、思いがけず頂き物をしたり。それもこれもにゃんこたちのお陰でございます(#^.^#)そんな街で出会う顔見知りの方の中に最近少し気になる人がひとり。

その方はトイプードル君をお散歩させている高齢の女性。最初に出会った時はその方から話掛けて来てくださり、優しい笑顔で近所の野良猫の事を教えてくれました。一緒にいたワンコ君も懐いてくれて、その後会うとワンコからジャンプの歓迎を受けナデナデをしながら、ご婦人と軽く会話をするという感じでした。先月の中旬に歩いているその女性の顔を見ると顔に笑顔が無くなっていました。表情が無くなった感じです。そのせいかぐっと老けた感じに見えました。この時は目が合ってお互い会釈をしたのですがご婦人の表情は(誰かしら?・・)みたいな顔に見えました。この時、あれ?何となく以前とは様子が違うと感じました。そして次の週、ワンコをお散歩に連れ出したばかりの女性と向かい合う形で出会ったので、笑顔で「こんにちは~!」と声を掛けましたが・・ノーリプライ(;’∀’)え?どうされました?っと思ったのですが・・聞こえていないのかもと何度か声を掛けるも応答なし。トイプー君は地面の草しか見ておらずこちらを見る事すらありませんでした(恐らくワンコは飼い主さんの変化に気が付いているのではないでしょうか?自分が変な動きをすると困るかもしれないと・・気を逸らしている感じにも見えました)結局、挨拶も返ってこないまま、当然会話も無く、筆者の目の前を通過して行くご婦人。その時・・まさか痴呆!?っと思いましたが、こんなに一気に進むものかなぁ?しかし、ワンコのお散歩はしているので道が分からなくなったりは無い様子。症状はまだ軽いということ?人間の痴呆には詳しくありませんのでただ疑問だけが湧き出ていました。筆者とご婦人とはこの3~4ヶ月の短いお付き合い、新しい記憶の中の人であり特別親しくない位置づけでしょうから、そんな人の顔は忘れてしまったのかもしれません。この日、ちょっと悲しい気持ちになったのが、筆者の目の前を通過して行く際に小さな声で、ワンコに向かって「ねこちゃん居るよ~、猫ちゃん居たね~」と呪文のように繰り返していたこと。ワンコはずっと地面に鼻をつけていてご婦人を見る事はありませんでした。

まー、そんな事があっても次回もしっかりご挨拶は致しますよ。もし本当に痴呆なのであれば、最初のうちは、時々そうなるだけの場合もあると聞いた事がありますから。なるべく刺激を与えた方が良いですしね。筆者は無視されても全然平気、だってそれは病気のせいだと思っていますから。

その方には娘さんがいて、一緒には暮らしていないのだそう。トイプー君はその娘さんが連れてきたそうです。話は逸れますが、トイプー君はなんと元の飼い主が飼育放棄をし保健所へ持ち込まれたコなのだとか・・その時5歳。犬種通りの賢くて大人しいワンコ君なのに・・(´・ω・`)それを知った保護団体が引き取って殺処分寸前で生還したコ。トリマーの友人から話を聞いた娘さんが引き取って、ご婦人の元で暮らす事になったと教えてくださいました。こんな話もしてくれたのに・・つい3ヶ月くらい前の事。過去の会話の中にご婦人にはお友達が近くに数名居ると言っていたので孤独な状態でも無さそうなのですが、やはり独りの時間が長過ぎるのでしょうかねぇ~?最近、ワンコ君を連れていない状態でお出掛けしている後ろ姿を何度か見ている事も何か関係があるのか?大丈夫なのかなぁ・・。っと名前も知らない他人ではありますが、会話をした事がある人には少し気持が入ってしまうものです。

flower in th blue sky

せめて、本人が青空のようにすっきりとした気持ちで過ごせている事を願うばかり・・。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ