外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

シニア猫とワクチン接種

みぃ横顔

(ワクチン接種を免除されて早8年・・・のみぃさん)

飼い猫さんは年に一度ワクチン接種をしている方がほとんどですよね。
我が家も簡単な健康診断を含め毎年ワクチンをしてもらっておりました。

いつも夏の終わり頃にして頂いてましたので、恒例と思い何の不安もなく
3種混合ワクチンをみぃさんにしてもらっておりました。

それまで、我が家の場合そのまま帰宅する事もあれば、
家を留守にする時に預けるのと同時にワクチン接種をお願いする場合がありました。

そして、10歳の時は4日程家を留守にする為、預かって頂くのと同時に
ワクチンをお願いしました。

引き取りに行った時には私の顔を見た途端絶叫してはおりましたが、
これはいつもの事なので丁寧にみぃさんにお詫びをして(笑)連れて帰りました。

毎年、注射をして帰宅してもたいして変化はなく、当日だけは大人しく過ごしていた
事もありますが、食事も普通にしていました。しかし、この時は違っていました。

いつもよりも落ち着かない様子のみぃさん。
そして、帰宅してから何度も吐きました。
彼女は普段から割りと吐くことが多いコだったので2日くらいで収まるとおもいきや、
3日目も吐き続け、その間水しか口にしておらず、ほとんど食べていませんでした。

病院にお泊りしてるときはすごくたくさん食べていたと聞いていたので
(小柄な体型の割に量を食べます)病院に電話をして状況を説明して吐き止めの
薬を出してもらうことに、近所だったので走って貰いに行き、投薬後は吐くのは
治まりました。しかし、食事はしてくれません・・・。

翌日外出時に病院に立ち寄って何を食べていたかを聞いてみたところ
(お泊り中にたくさん食べたと言っていたので)
市販の黒缶でしたw。でも食べてくれるならと帰りに買ってかえりましたが
やはり食べませんでした。吐き続けた後なので食べたくても食欲が湧かなかったの
かもしれませんが・・その翌日のお昼くらいから少しづつ食べ始めました。
そして、すこしづつ平常に戻っていきました。

こんな感じで、4、5日は絶不調の日々を過ごしたみぃさん。
おそらく、お泊りがストレスになったのかもしれません。
ストレス過多になった時にワクチンを打ってしまい、飼い主の顔を見て
ホッとして体調のバランスが一気に崩壊してしまったのかも・・。
(病院で過ごした数日間かなり鳴いていたらしいです・・(^^;))

翌年は先生からも・・ワクチンはしない方がいいかもと言われ、10歳を最後に
その翌年からはワクチン接種はせずにもう8年経過している状態です。
有難い事に何の問題もなく過ごしております。

2年前に(みぃ16歳の時)初めて肛門線が腫れた時に別の病院でしたが
通院した時も始めて診察して頂く先生でしたので聞いてみました。
過去にワクチン後に具合が悪くなっった経験があるなら、
環境的な事と年齢的な事を考えてもワクチンはしない方がいいと
言われましたので、その時もしませんでした。
(完全室内飼いと同居猫がいない←この時はまだモンちゃんはいませんでした)

ワクチン接種をしていない場合困ることは、病院やペットホテルに預ける事が
できない場合があるという点、うちではその後は家を留守にする時は
ペットシッターさんにお願いする様にしたので、とりあえずは問題はありません。

それでも、毎年季節の変わり目は少し心配になります。
しかし、年齢的な事を考えるとどっちもどっちなので、なるべく日々の生活を
あまり変化なく穏やかに過ごしてもらえるように考えしています。
みぃさんも病院はやっぱり嫌いみたいですからね。

年齢が高くなると今までと同じ事でも体調を崩したりするので、その都度
対応を変えていかないといけませんね。
ワクチン接種をしなくなったみぃ姐ですが、その後、モンちゃんと暮らし始め、
それでも、何の問題もなく過ごせているので安堵しています。
このまま平穏無事に過ごしてもらえる様日々のチェックだけは怠らない様に
暮らしてゆきたいと思っております。

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ