外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

路地裏にゃんず ひとりでいる時の方が甘えん坊

bou profile close up

坊。凛々しい横顔。坊は若いからでしょうか?目の上にある毛とおヒゲがとても立派でございます(^^)
この日は坊を撫でていた時はひとりだったのですが、突然上の方からひとつ年下の妹(ちびにゃん)がやって来ました。すると坊の様子が少し変化しました。ちびにゃんは少々わがままでマイペースなコ。坊はいつもオヤツを横取りされたり、撫で係りも取られてしまいます(;´∀`)妹に優しいだけなのでしょうけれど、我慢しているように見えて健気・・。でも、隙を見つけて妹の耳を噛んだり、頭を押えつけたりはしています(笑)ま、同じ母なので実は似た性格をしているのかも!?

また、別の日の坊。この日はちびにゃんがお出掛けをしていたようで坊だけがいました。ひとりの時は自然に甘えてきます。長い時間撫でてもまだ足りないようで、別れる時はオヤツを定位置に置かないと離れられません(^_^;)とても嬉しいんですけれど。それでも、彼はオヤツと撫でてもらう事を迷ってくれる顔をします(*´ω`*)かわええ~♡


上からやって来た妹

ちびにゃん上から登場
ちびにゃん。密かに上から兄を見ていたようです。全く気が付きませんでした、どこに居たんだろ?(笑)

シュタッと地上へ

降りて来たちびにゃん
最近はちびにゃんの方から体をくっ付けてくるようになりました。以前はお触りは苦手だったコなのに・・(^m^)

ちょっと離れて

距離を取る坊
ちびにゃんは撮るヒトと坊にたくさんゴチン、スリスリをするのですが、坊は少しづつ離れて行きます(^^;)

意味有り気に移動

移動する坊ちびにゃんの足
ちょっと用事が・・的な動きで。ちびにゃんのあんよが・・(;・∀・)

遠くを見て

ちょっと離れて遠くを見る坊
毎日お世話をしてくださるご婦人が来る方向(*^^*)

背中で何を語る?

哀愁を帯びた背中坊
ぼくはお兄ちゃんだから・・と強がっている?

<坊がひとりだった日>

ひゃっほー♪

上から降りて来た坊
塀の上から飛んで降りてきた坊。元気でよろしい。目が合うと来てくれるのが嬉しい撮るヒト(*´ω`*)

イカ耳しつつ駆けて来る

駆け寄る坊イカ耳だけど
なんでやねん!(笑)

ずんずん

ずんずん坊
ご近所様(撮るヒトも含め)で目を拭いたりしているけれど・・ウィルス感染ぽいので、種類を確定させて専用の目薬を差した方が良さそうな目の状態。片方は瞼が下がっていますし、最近は目ヤニが両目から出るようになってきています。(´・ω・`)

オヤツか?撫で係りキープか?

オヤツ進呈してバイバイ坊
でも、彼はきっと分かっています。ずっと一緒には居てくれない事を・・。だから食べる!坊はとてもお利口なコだと思います。


以前から親身に坊やちびにゃんのお世話をしてくれているご婦人がいます。坊が遠くを見る理由はそのご婦人を待っているからのようです(^^)坊はそのご婦人に抱えられたりしても全くジタバタせずにされるがまま(笑)全く持って家猫風味満載の坊。なのに・・なぜにお外暮らし?そのご婦人と暮らせると安心だけれどもきっとそれができない事情があるのでしょうねぇ~残念!相思相愛の相手と暮らしてくれるとこちらとしても嬉しいけれど、そう単純な事ではなさそうです。

ちなみに坊は初対面の相手でもあまり警戒しないのがちょっと危険だと思っております。ちびにゃんは知らない人に対する警戒はかなり強いのでその点は心配要らないのですが。人懐っこい猫は実は危険と隣り合わせな事があります。最近の世の中は何があるか分からいので、人懐っこいがゆえに心配になる事もあったりするのです。

それでは、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ