外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

明石家さんま氏の健康の流儀がおもしろい

red magnolia

ワイン色のモクレンの花は白いモクレンより後に咲くんですって~(豆)

先日、ほんの数分だけ見たテレビの中の明石家さんま氏(あかしやとパソコンで入れた時の変換の候補の中に”明石家サンタ”があるのが気になるww)以前から時々ご自身で仰っている「病は気から」という言葉に筆者の身近な人間も同意する人が多々(仕事バリバリしている人程そう言います)。それに通じる内容で、数分だけ見たその番組(嵐と一緒に出ておりました)のシーンでは(明石家さんま氏が)「健康診断を受けない」とフリップに書いてあり、過去にもこれからも受けるつもりは無いとはっきりと明言。今までの長い芸能生活でも病欠は一度も無いとの事。あんなに忙しい方なのに一度も病欠無しとはスゴイ事です。そして、いくつかのお話しを披露されていました。ウィキ情報が正しければ2017年4月の段階では明石家さんま氏は61歳。でも本当にいつも健康そうにお見受けします。そんな元気な方のお話しの中には一般人にも為になる事があるような気がしました。そして、さすが!明石家さんま氏のお話は事実を話されているだけなのになぜかとても面白かったです(^o^)

脳にたくさんの暗示

調子が悪い時はコレを食べるとか、コレをすると調子が良くなるという暗示をたくさん脳にインプットしていると仰っておりました。(脳が実行するかどうかのスイッチを握っているので正論のようにも。(筆者は専門家ではございませんww))

暗示の例:風邪とメロン

小さい頃から風邪を引いたらメロンを食べると治ると脳に暗示をかけているので、風邪かなと思った時(普段はあまり食べないようにしているそう)にメロンを食べると翌日まで持ち越さずに済むとの事。(お分かりでしょうが、この場合のメロンで風邪が治るというのは暗示をかけているさんま氏のみに効くのであって他の方は美味しいだけ?で風邪が治るという事ではありません。独自でルールを構築する必要があるわけです。長い期間そう思い続ける事も効き目に影響があるのかも?)

買い物では手に取ったモノを買う

スーパーに食材を買いに行く際、前もって何を買うかを決めずに見て回っていると、手を伸ばすものがあるそれはきっと今自分の体に必要なものであるとの事。見ているとこれが欲しくなったとじゃこを取り、反対側の手でトマトを取り~と楽しそうにお話されていました(笑)ちなみに嵐の大野君はタコをよく買ってしまうらしい。(筆者も小松菜をつい買ってしまうなぁ~w)

ぎっくり腰の対処法

物を持った瞬間腰にピキっと走る稲妻・・さんま氏はその際に脳が後ろへ反れと言ってきたらしく(笑)うぎゃ~~と凄い声を出しながら死に物狂いで後ろに反ったら平気だったそう!(それができるのには余程の精神力が必要かと思われます・・( ̄▽ ̄))

きっと病気になっても自然に治っている

さんま氏曰く、人の体には自然に治る機能があるので、病気になっていたのかもしれないが治っているのではないかと。(本人がそう思っていれば本当に治る事もあるのではないかなーっと感じたりしました。)

見終えて

以前、(個人的に大好きな)養老孟司氏の本のどれかに・・”ガン検診や健康診断は行かない方が良い”と読んだ事を覚えています。養老氏によると、検診を受けて結果を待つ数週間のあいだにまず心配で具合が悪くなる人が居る事、そしてあなたはガンですと宣告されるとガンなのだと素直にガン患者になりきってしまうと・・日本人は病人にされやすい・・的な事が書いてあった事をを思い出しました。健康な人にも毎日発生しているガン細胞な訳ですが(筆者にも今読んでくださっているあなたにも)、多くの人が毎日それを消去しているのですよね。毎日検査をする訳ではないので、もしかすると昨日は胃がんだったけれど翌日は消えていたなーんて事が短いスパンで繰り返しているのかも?実際にガンと診断された後に腫瘍が消えてしまった話は少なからず聞きますが、楽観的思想を自然にできる人がガン細胞が消えているような印象があります。あの雅楽演奏者で有名な東儀秀樹氏も膝にガンが見つかった際に、生あるうちにやりたい事をしようと考え行動していたらガンが消えたという話は有名、それも一度ならず2度も(同じ部位)。あの方はとても個性的な考え方をお持ちであると思った事がありますが、病気を思い悩むのではなく、生きている時間にやりたい事を実行する事を必死で考える事ができる少し次元が違うようにも感じる方です。でも、それはヒントなのかもしれません。今回テレビで拝見した明石家さんま氏が普段仰っている”病は気から”で、気の持ちよう、考え方で脳が思わぬスイッチを作動させてくれるのかもしれません。

red magnoria cl

明石家さんま氏の健康に関するお話は勿論独自の理論ではございましょうが、とても興味深く感じました。さんま氏の過去と現在の活躍ぶりを見ますと医学的に解明はできないかもしれませんが、きっと未知の良い事を色々と長い期間実践されているような気がしました。面白い話をしてくださった明石家さんま氏の今後の益々のご活躍を期待しつつ・・。

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ