外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

立ちくらみ~低血圧による貧血

flower at shirokane

私の場合

屋外で写真を撮る事の多い筆者ですが、特に猫たちを撮る場合は地面に寝転がっていたりする事が多いので、当然こちらも低い姿勢となり、しゃがんだり座った状態で撮影する事が多くあります。その時、立ち上がる度にフラフラ~っと眩暈を起こしていました。俗にいう起立性低血圧。脳貧血とも言われるものです。

大きく分けると2種類ある”貧血”

女性の貧血ですと、ほとんどの人は鉄欠乏による貧血を考えるかと思います。ワタクシも同様です(^^;)。しかし、私の場合は血圧が下がっている事で脳まで血液がスムーズに届かない為に眩暈を起こす方の貧血ですので、サプリやドリンク、食事で鉄分を摂っても全く改善には至らないのでございます。立ちくらみが酷くなるとついヘム鉄等のサプリを手にしてしまうんですけどね(苦笑)私の場合は関係なかったのでした。そして・・この血圧が下がる事によって起きる眩暈の場合、酷くなると気を失う場合があるので注意しなければいけません。

低血圧の場合の対処法

で、お医者さんに聞いたりすると「水分」と「塩分」を気にして摂るようにと言われます。実際、外出前や外出中に水を飲む回数を増やすとあまり立ちくらみが起きない事を確認する事ができます。(多少体に違和感は感じますが、眩暈はしません)夏の季節は本人が感じていなくとも汗をかいて体が脱水傾向なので、血液粘度があがって体の中の血液の流れが悪くなるのでしょうかね?水分を多く取ることで流れ易くなるのでしょう。塩分に関しては朝必ずバター多めのwトーストを食べるヒトなのでそれで良いかと・・(;´∀`)バターの塩分は実はそんなに高くないらしいのですが、ワタクシの塗る量といったら・・(;´∀`)きっと十分な塩分量になるようです。

出かける前の習慣

ワタクシの場合は道端のにゃんこなどを撮影しているので、万が一気を失うとしたら路上になってしまいます(苦笑)・・それは迷惑な話なので、外出前には必ずグラスで一杯だけお水を飲んで外出するようにしました。時間が長くなりそうな時はペットボトルを持ち歩くように。お水を飲む事に気を付けるようになってからは立ちくらみが気にならなくなりました。そして、やはり水分摂取が少なかったかな?という日は軽くですが眩暈と体の違和感を感じます。

偶然の産物?

通常、低血圧貧血の方は朝、起床時が辛いと聞きます、しかし、私の場合はそれがありません。実は、随分前から毎晩寝る前と寝ている途中に炭酸水を計500ml以上は軽く飲んでしまっているのです。もうこれはクセのような行動です(飲んでいるのはシンプルな炭酸水やフレーバー付の炭酸水の時もあります)、その偶然の行動のせいなのか?寝起きに眩暈や辛いという事は今まで全く感じた事がありません。それもあって、昼間に眩暈が酷くなったりするとつい・・鉄分不足なのか?っと一般的な貧血の原因を考えてしまうのです。結果違っていたんですけれどね。よく考えてみますと、筆者の場合、夜はそれなりに水分を摂っているのですが、起床後~午後にかけてほとんどお水を飲まない事が多いのでした。

サプリ要らず

しかし、お水を飲むだけで立ちくらみが気にならないという事に気づいてからは、サプリも必要ないし、鉄分入りのドリンクも必要が無い事を確認できたのでした( ̄ー ̄)どんだけ買った事か・・。でも、きっと他の部分で栄養にはなってくれていたと思いますので無駄ではないと思います。ま、今後自分の眩暈の為に買う事はないでしょうけれど。私に必要なのはサプリよりお水でございますから・・(^_-)

それでは、また。
 ・
 ・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ