外で出会う猫と我が家の猫の日々の様子を写真を添えて。

menu

街猫待つ猫うちの猫

薄い毛色の茶トラ君と白猫君 雨の日の男のコたち

いなくなるのを確認する茶トラ

お!この方は・・先日玄関の門の上でねむねむな状態で狛猫のお仕事をされていた薄い茶色の茶トラさんではありませんかっ(@▽@)このコって・・洋猫さんみたいですね。少なくとも混ざっている。おしっぽが・・ゴージャスなふさんふさんバージョン(^▽^*)
大きな体でゴージャスなおしっぽのこの茶トラさん、でも心は狭いようです・・(爆)白猫君に低い声で「うぐぅ~うぐぐぅ~~」と言っておりました。「こっちに来るニャ~!来たらコロス~」・・みたいなかんじでした。見かけに寄らず怖がりなのでしょうか?それともほんとに強いのか?


白猫君とふわふわしっぽの茶トラ君

向かい合うふたり縦
どちらかが、女のコなら・・ロマンティックな光景だったかもしれない
ステキな場所です(^m^)

そろ~り退散

そろ~り退散白猫君
ずっと唸っている茶トラ君から離れた白猫君。歩く速度がおそっ!(笑)

いなくなるのを見てる

いなくなるのを確認する茶トラ
フェイントをして戻って来ないかを見ている?(もっとちゃんとお顔が撮れていると良かったなぁ)

ジャーーーンプ

バイクにジャーーンプ白猫君
白猫君はバイクの上に避難・・何だか慣れた感じなのでこのバイクの上に時々乗っていそうですね。

ちろり・・

茶トラを見る白猫君
ハハ!この目、面白い!茶トラ君の動向を見ております、(ボケてますけど・・)

タッタカターッ

階段を登る茶トラ君
階段を駆け登る茶トラさん・・「今日は良い仕事シターーー!」って気分なのかもしれませんね(^m^)(すんごいボケてますけど・・)


多くの写真がブレブレで大変お見苦しい点をお詫びしますm(--)m 雨の日の夕暮れ5時過ぎだった為ちと暗かったようです。しかし個人的ににゃんこにフラッシュ使いたくない人なので・・。でもやはり暗いとピント合いにくいものですね。完全にAF使いなので(苦笑)もうちょっと明るいと良かったなぁ。ええ、テクニックは持ち合わせておりませんとも!(苦笑)

そして、この場所には歌舞伎風のきじ白猫さん(毛が少し長いコ)と薄い色の茶トラさんがいて、予想通り他にもいました。白猫君!お腹が少したるんとしていた名残があるのでもっと太っていたのではないかと思われるコ、耳がカットされているので他の二人とは少し事情が違っているようです。
ちなみに・・キジ白さん→コウライちゃん、薄い茶色さん→ナリコマ君、白猫君→ヤマト君と呼びます(歌舞伎の屋号より・・w)

では、また。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ